人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月4日

明治大学、帝京大学に快勝し、優勝決定の「明早戦」に挑む。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

今年も明早戦がやってくる。関東大学対抗戦最終節は現在5勝1敗明治大学と開幕から無傷で首位をひた走る早稲田大学との一騎打ち。勝った方が優勝、3年連続で事実上の決勝戦が実現した。

優勝の可能性を残すには絶対に落としてはいけない一戦となった前節の帝京大学戦、序盤は苦しい展開からスタートした。

主将のNO8箸本龍雅

前半16分までに2本のトライを献上。0-13で迎えた同23分、敵陣ゴール前のスクラムで優位に立つと、主将のNO8(ナンバーエイト)箸本龍雅(商4=東福岡)が起点となり、パスを受けた右CTB(センター)児玉樹(政経3=秋田工)がトライを決めた。

ここから点差を詰め寄りたい明治大だったが、帝京大の勢いは止まらず。さらに2トライを追加され、前半30分までに7-23と突き放されてしまう。しかし、この日の明治大は違った。「自分たちのラグビーをやれば通用する。焦らなくていい」(箸本)。

33分には、ラインアウトモールを押し切り、12-23。続く39分にはエリア中央付近の帝京大スクラムでペナルティを誘発し、敵陣深くのラインアウトから、最後はCTB(センター)廣瀬雄也(商1=東福岡)がグラウンディングした。

前回の慶應義塾大学戦で課題となった『修正力』をいかんなく発揮し、19-23とビハインドも、流れを引き寄せる格好で前半を折り返す。

SH飯沼蓮

後半に入ると戦況は一転。明治大が一気にゲームの主導権をにぎる。後半4分、スペースでボールを受けたSH(スクラムハーフ)飯沼蓮(営3=日川)の独走トライで逆転に成功。反撃の狼煙を上げると、12分にはスクラムから持ち出しを図った箸本がそのままインゴールまで持ち込んだ。

さらに28分には途中出場の齊藤大朗(商4=桐蔭学園)が追い打ちをかける追加点。後半は一度も自陣ゴールラインを割らせることなく、39-23でノーサイドとなった。

12月6日に控える明早戦。相対する早稲田大は、就任3年目の相良南海夫監督指揮の下、同校では13年ぶりとなる全勝優勝を狙う。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ