人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月4日

渦中のアルゼンチンがオーストラリアと大会最終戦で激突!トライネーションズ2020

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

いまアルゼンチン代表は騒動の真っ只中にいる。

10月31日(土)に開幕した南半球3か国対抗戦「トライネーションズ2020」はいよいよ最終ラウンド(第6戦)。

ともに1勝1敗1分け(総勝点6)で並んでいるアルゼンチン代表“ロス・プーマス”と、オーストラリア代表“ワラビーズ”が、12月5日(土)、オーストラリアのシドニー(バンクウエスト・スタジアム)で激突する。

優勝は総勝点11(2勝2敗)で首位に立つニュージーランド代表“オールブラックス”が濃厚だ。勝点で並んでもニュージーランドの得失点差は「64」。一方のアルゼンチンは「-28」、オーストラリアは「-36」となっている。

オールブラックスの優勝が濃厚となり、世界のラグビーファンの注目はいま、渦中のアルゼンチンに向けられているかもしれない。

アルゼンチンの今大会は歓喜で始まった。

大会初陣となった第3戦で、オールブラックスに25-15で歴史的な初勝利。1985年の初対戦から30度目での快挙達成だった。

しかし試練は突如としてやってきた。

アルゼンチンは1勝1分けで迎えた第5戦で、連敗脱出に燃えていたオールブラックスに完敗。試合後にチーム公式のSNSがいわゆる「炎上」状態となった。

この試合が行われた11月28日の3日前、母国アルゼンチンの国民的英雄で、元サッカー・アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が心不全のため60歳で死去していた。

チームは喪章代わりの黒いテープを腕に巻いて試合に臨むなどしていたが、一部の人びとが、そうした追悼行為がマラドーナ氏の名前が入った特製ジャージーを贈ったオールブラックスに比べると控え目であり、また、にわかに追悼試合の意味を帯びた試合で完敗(0-38)したことなどを問題視したようだ。チームの公式SNSに多くの不満が書き込まれた。

この騒動を受けて、アルゼンチン代表は釈明動画を公表。マリオ・レデスマHC(ヘッドコーチ)をはじめ50人以上の選手・スタッフが神妙な面持ちで画面に向かい、FLパブロ・マテーラ主将が代表して釈明をした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ