人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月30日

【ハイライト動画あり】京都産業大学、3位決定戦を制して大学選手権出場。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

関西大学ラグビーAリーグの順位決定戦で関西学院大学に勝利した京都産業大学は、関西3位となり、全国大学ラグビーフットボール選手権の出場権を獲得した。

京産大は先週のゲームで同志社大学に19-49の惨敗。ライバル相手の痛い敗戦により、負ければ終わりの3位決定戦へ。チームは崖っぷちに追い込まれた。

「負けた翌日にAチームのメンバー全員でミーティングをして、チーム理念を再確認しました。僕たちはいついかなる時もひたむきに取り組まなければいかない。選手たちもそこに納得した上で週に入り、本当に激しい練習をしました」(伊藤鐘史監督)。

キャプテンのLO(ロック)田中利輝(東海大仰星)がメンバーと決めたテーマは『意地』。「負ければ引退の4年生は意地を見せて次のステージに進もう。京産大の意地でセットプレーを圧倒しよう。1つ1つのプレーで意地を見せて、ひたむきに集中しよう。ということで、選手たちと今週のテーマを意地にしようと決めました」。

J SPORTS オンデマンド番組情報

3位決定戦の相手は関学大。昨シーズンの開幕戦で敗れた因縁の相手だ。先週、天理大学に負けて3位決定戦に回ったものの、王者相手に前半リードをするなど好ゲームをして自信をつけてきた。

前半3分、京産大はファーストスクラムでペナルティを獲得するが、直後のラインアウトでボールを取られてしまい、流れに乗れない。ブレイクダウンでのペナルティも続き、前半11分に先制のトライを許してしまった。

SOで躍動した家村健太

その後もマイボールラインアウトでのミスが続くが、今シーズン初めてSO(スタンドオフ)に入った家村健太(流経大柏)がナイスキックを連発して主導権を渡さない。

SO呉嶺太(大阪朝鮮)のキックを中心にゲームを組み立てる関学大に対して、蹴り合いで負けずピンチを作らなかった。前半16分と38分にフェーズを重ねたFW(フォワード)が押し込みトライ。14-7と京産大リードで前半を折り返す。

後半10分にはゴール前でフリーキックを獲得すると、1年生ぼNO8(ナンバーエイト)ヴェア・タモエフォラウ(札幌山の手)が相手の隙を見逃さず、クイックスタートしてそのままトライ。その後マイボールが続き、速い展開のアタックを仕掛け次々とゲインするなど京産大ペースが続いたが、要所でミスが出て得点には至らない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ