人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月24日

【ハイライト動画あり】同志社大学、3年間勝てなかった京都産業大学を破り大学選手権出場。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

11月21日(土)に布引グリーンスタジアム(滋賀県)にて行われた2020ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第3節、同志社大学vs.京都産業大学。同志社は3年間敗北を味わい続けた相手に、49-19で勝利。長年の雪辱を果たし、第57回全国大会ラグビーフットボール選手権大会出場を決めた。

冬を感じさせる冷たい風が吹く中、Evenリーグ最終節が行われた。「風下の中、前半はボールキープでしんどい中、我慢してやっていこう」(FL中尾・政策4)。前半は逆風に苦しんだ同志社だったが、FW(フォワード)が堅実に運んだボールを、BKが最後にトライへつなげた。

J SPORTS 放送情報

前半3分、同志社が先制のチャンスを得る。敵陣10mライン付近で京産大がノットロールアウェイの反則を犯すと、このチャンスに同志社はショットを選択。FB(フルバック)桑山(政策4)がゴールを狙うも、激しく吹く逆風でボールは左へ逸れてしまった。

京産大のドロップアウトから試合が再開されると、流れは一転。同志社が立て続けにオフサイドの反則を犯し、自陣深くに攻め込まれる。8分、ゴールライン間際でのラインアウトからモールで押し込まれ、先制のトライを献上した(0-7)。

しかし11分、キックオフのボールを京産大がオブストラクションすると、敵陣5mでラインアウトを獲得。SH(スクラムハーフ)人羅(社4)から、SO(スタンドオフ)田村(スポ3)へとボールが渡り、フェイントで相手ディフェンスを置き去りにしてインゴールへ飛び込んだ(7-7)。

この流れに乗りたい同志社だったが、強風の影響でキックを有効的に使えず、エリアを拡大することができない。15分、再び京産大に自陣22mラインまで攻め込まれる。ブレイクダウンの攻防で粘りを見せるも、一瞬の隙を付かれ中央突破を許し、トライを決められた(7-12)。

独走するWTB和田

京産大にリードされた同志社だったが、ここから反撃に出る。19分、自陣22mラインでのラインアウトから、SO田村がボールを裏に転がしてWTB(ウイング)和田(文情3)へつなげる。約40mのビッグゲインで相手を抜き去り、インゴール中央にグラウンディング(14-12)。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ