人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月22日

【ハイライト動画あり】東海大が全勝対決制す!流経大と両軍15トライの打ち合い。関東大学リーグ戦1部

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

注目の全勝対決は、両チーム合計15トライの打ち合いになった。

ワイサケ・ララトゥブア

東海大学 ワイサケ・ララトゥブア

11月21日(土)、1997人が集った東京・秩父宮ラグビー場で、関東大学リーグ戦1部で5勝同士の全勝対決が行われた。

3年連続のリーグ戦優勝をめざす東海大学と、6年ぶりの優勝を手にしたい流通経済大学だ。

晴れの秩父宮で午後2時にキックオフを迎えたビッグゲームは、前半は風上の東海大ペース。

前半1分、いきなりのジャッカルで攻守交代を起こしたのは、この日主役級の活躍を見せた東海大2年、LOワイサケ・ララトゥブア。

献身性とパワーを兼備する元U20フィジー代表は、直後の連続攻撃でキャリアーとして前進。ここで1年生SO武藤ゆらぎが冷静な突破&フリックパスでCTB杉浦拓実の先制トライをお膳立てし、東海大が7点を先取した。

しかし流経大は、FL坂本侑翼キャプテンが「FWとBKが一体となってトライを狙うラグビー」と説明する攻撃スタイル、“ダイナミック・ラグビー”で反転攻勢。

流経大は前半6分、WTB堀井雄登が1対1で振り切ってオフロードパスを決め、1年生のFL篠澤輝がトライ(ゴール)。すぐに7-7の同点とした。

しかしここから東海大のアタックが冴え渡った。

ブレイクダウンを安定的に制圧しながら、運動量豊富な副将、SH中村友哉が正確かつスピーディーなパスで、相手守備を後手に回らせる。

前半18分には、先週は調整により欠場したNO8吉田大亮が、エリア大外に待機して豪快にキャリー。左隅に勝ち越しトライ(ゴール失敗)を決めて12-7とした。

J SPORTS 放送情報

さらに3分後にはSH中村の素早い配球を受けたSO武藤が正面突破。ふたたび攻守の要であるCTB杉浦に繋げてインゴールへ。

そのまた3分後の前半24分には、内返しのパスを受けたFB酒井亮治が防御線を突破。献身的にサポートしていたPR田草川恵、LOララトゥブアとパスが繋がり、フィニッシュはルーキーのWTB谷口宜顕。リードを19点(26-7)に拡大してみせた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ