人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月22日

早稲田大学、対抗戦優勝に向け伝統の早慶戦に挑む。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

ついにやってきた11月23日。毎年この日に熱い戦いが繰り広げられる。伝統の早慶戦である。混戦が予想された帝京大学や筑波大学を含む5試合を制し、関東大学対抗戦全勝中と破竹の勢いを見せる早稲田大学

対する慶應義塾大学は、初戦の筑波大戦では黒星発進であったが、その後4連勝中。昨季対抗戦王者の明治大学を1点差で破るなど、着実に進化を遂げる強敵である。全勝優勝を目指して躍進する早大と、猛虎の意地で今年こそ勝利をつかみたい慶大の、負けられない一戦が始まる。

J SPORTS 放送情報

安定したFW(フォワード)と突破力のあるBK(バックス)の連係が武器の早大は未だ負け知らず。第4戦でライバル・帝京大に対し45-29と快勝を収めると、前節も勢いに乗る筑波大を相手に好試合を展開した。

筑波大学戦で躍動した古賀

前半はFWのセットプレーやCTB(センター)平井亮佑(スポ4=福岡・修猷館)、WTB(ウィング)古賀由教(スポ4=東福岡)の躍動を確実に得点につなげ計6トライを挙げると、後半はトライ数こそ少ないものの、前半のリードを生かして50-22と勝利を収める。帝京大戦で達成した前に接点をつくるディフェンスや、ブレイクダウンにおける収穫が、しっかりと次戦にも生かされた形となった。

早慶戦はNO8(ナンバーエイト)丸尾崇真主将(文構4=東京・早実)や、LO(ロック)下川甲嗣副将(スポ4=福岡・修猷館)、CTB長田智希(スポ3=大阪・東海大仰星)ら、ここまでの対抗戦を主力として戦ってきたメンバーが出場。

それに加えて、ケガで立教大学戦のみの出場となっていたFL(フランカー)相良昌彦(スポ2=東京・早実)や、今季初のFB(フルバック)起用となる河瀬諒介(スポ3=大阪・東海大仰星)など、昨年度日本一を支えた戦力を含むフルメンバーで挑む。

さらに、対抗戦デビューとなる大型ユーティリティープレーヤー・伊藤大祐(スポ1=神奈川・桐蔭学園)にも注目だ。万全の態勢で臨む早大。ひとりひとりが前に出るアタックで慶大の好守を打ち破り、対抗戦全勝優勝に王手をかけたい。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ