人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月19日

ビッグマッチがやってきた。全勝対決「東海大×流経大」。関東大学リーグ戦1部

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

関東大学リーグ戦1部の強豪が竜虎(りゅうこ)相打つ。

ともに5戦全勝。ともに上り調子。

11月21日(土)の第6週、東京・秩父宮ラグビー場で開催される第2試合「東海大学×流通経済大学」は、要注目のビッグマッチだ。

ともに2試合を残して総勝点「20」。

一体どんな展開が待っているのか。まずは今週土曜日の秩父宮から目が離せない。

11/15 大東文化大 vs. 東海大

それでは3年連続9回目のリーグ戦制覇を狙う東海大から見ていこう。

今季初戦から関東学院大学(52○24)、中央大学(64○5)、法政大学(31○19)、専修大学(85○0)、大東大(55○12)と開幕5連勝。

木村季由GM兼監督は開幕当初、新型コロナの影響により「今年は実戦で学ぶことがほとんどすべて」と語っていたが、勝利しながらも一戦ごとに修正、成長しているのではないだろうか。

第5週の大東大戦は、その修正力が光った。

最終的に43点差(55-12)をつけたが、前半のリードは5点(17-12)と拮抗。ブレイクダウンでの劣勢、反則によりたびたびエリアを後退した。

しかし後半はMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いたFB酒井亮治が「後半は継続ができてトライを重ねられた」と語ったように改善され、東海大の強みが発揮された。

その強みとは、高いスキルによる展開力、遂行力もひとつだが、大東大戦はセットピース(スクラム、ラインアウト)の威力が抜群だったろう。

ラインアウトでは193センチのジャンパーであるLOワイサケ・ララトゥブアが前列でカットを連発し、好キャリアーのLO横井隼も俊敏な動きでリフトに奔走。

大東大のラインアウト成功率は実に42%(12回中5回成功)。一方で自軍ボールのラインアウトは成功率88%(17回中15回成功)だった。

後半15分にはスクラム勝利からのPK奪取、そして武器であるラインアウトモールでトライという必勝パターンでスコア。

流経大戦ではセットピースの攻防が大きな注目ポイントになるだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ