人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月17日

【ハイライト動画あり】京都産業大学、ムラのある試合運びも開幕2連勝。次節は同志社大学と大学選手権出場を賭けた決戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

関西大学ラグビーAリーグ第2節が宝ヶ池球技場で行われた。前節、劇的勝利を飾った京都産業大学、相手は昨季Bリーグで全勝し、前節には同志社大学と接戦を演じた関西大学だ。

「毎週、試合を迎えるごとに安心というか、感謝を含めて試合ができるということに本当にありがたく思っています」と伊藤鐘史監督が語るように難しい状況の中、開催されている今大会だが、今節もチケットは完売していた。

SO西仲のPG

キックオフ後は押し込まれる展開。前半6分にPG(ペナルティゴール)で先制を許し、0-3とされたが、前半11分、敵陣深くでFW(フォワード)がショートパスでフェーズを重ねると、最後はFL(フランカー)城間(御所実業)が中央にトライ。キックも決めて、7-3とした。その後、SO(スタンドオフ)西仲(近大附属)がPGを決め3点を追加する。

さらに突き放したい京産大は前半33分にスクラムで押し込むと、ペナルティを獲得。しかし、2回あったライアウトモールをものにできない。さらに40分、ゴール前でペナルティを得ると、ここまで押し込んでいるスクラムを選択。

そのスクラムでペナルティを得ると京産大は繰り返しスクラムを選択し、トライを狙うがターンオーバー。関西大が約90mを繋ぎ、右隅にトライ。10-10の同点とされハーフタイム。京産大の強みであるセットプレーで取りきれず、反対に同点トライを許す嫌な終わり方だった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

「うちの伝統的な強みであるスクラムとモールで取りきれなかった。そこでボールを失った後、相手にトライを献上してしまった。取り切れていたら、全然違う試合展開になっていたと思います」。

「練習不足なのか、マインドの不足が原因なのか、仕留めきれないので、ここは選手に意識で、もしくは練習で向上することを求めます。ハーフタイムで僕が何か刺激を与えることはなかったです」と、今季から指揮を取る伊藤鐘史監督。

そして、「ゲームプランをまず信じて実行する。それさえすれば、前半肌感覚でいけるというのがあったと思うので。ただ気持ちの部分で、余裕かますなよという事は言いました」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ