人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月15日

悲願の初出場となった川越東と、2度目の昌平が花園へ。ラグビー全国高校大会埼玉県予選決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

11月14日(土)、埼玉・熊谷ラグビー場では100回目を迎える「花園」こと、全国高校ラグビー大会の埼玉県予選決勝2試合が行われた。今年度は埼玉県からは過去9年の出場校の累計校数が多かったため、記念大会で出場枠が1つ増え、2枠が与えられた。

2度目の花園に挑む昌平

初出場の川越東

1試合目は埼玉第2地区決勝が行われ、昌平が正智深谷を17-0で倒し、3大会ぶり2度目の花園の出場権を得た。2試合目は第1地区決勝が行われて、川越東が深谷を17-14で下し、悲願の花園初出場を決めた。

J SPORTS 放送情報

1試合目は2月の新人戦2位の昌平と、同じく3位の正智深谷が対戦した。風上だった正智深谷は敵陣に攻め込むものの、昌平はゴール前のディフェンスで粘り、得点を許さなかった。

昌平のエース・万能BKの北川

先に得点を挙げたのは攻守に渡り、接点で優勢だった昌平だった。前半20分、前の試合で負傷していた万能BK(バックス)の北川拓来(2年)を投入し、ペースをつかむ。24分、ラインアウトを起点に攻め込み、最後は右PR(プロップ)菅野侑多朗(3年)が、右中間に押し込み、5-0として、そのまま前半を折り返した。

第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会 埼玉県予選

後半6分、風上に立った昌平がモールを押し込みFL(フランカー)山口大悟(3年)が押さえて10-0とリードを広げる。その後は、昌平が相手陣でアタックする時間が増えるが、ラインアウトの乱れもあり、なかなか追加点を奪えない。

後半2トライを上げた山口

25分、昌平がやっとゴール前のチャンスを生かす。「あそこは行けると思って飛び込みました!」というFL山口がラックの上を飛び越えてグラウンディング。ゴールも決まり、17-0として、そのままノーサイド。昌平が3年ぶり2度目の全国大会への切符を手にした。

喜ぶ昌平のフィフティーン

昌平の御代田誠監督は「ホッとしています。2年前に逆転負けしたのも選手たちは見ていますし、今日はなんとしてでも、自分たちの力で花園に行くという気持ちが現れた」と選手たちを称えた。ただ、監督は花園に向けて、「まずは課題のラインアウトをきっちり修正したい」と反省点も口にすることを忘れなかった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ