人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月13日

流浪のチーターズ。存在価値を証明すべくストーマーズ戦へ。スーパーラグビー・アンロックト

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

スーパーラグビー(SR)の南アフリカ大会「SRアンロックト」に参加しているチーターズが、存在意義をかけた闘いを続けている。

南アフリカ協会は今年9月、今後の拡張が報じられている欧州5か国リーグ「PRO14」に将来的に参加する南アフリカチームが、ブルズ、ライオンズ、ストーマーズ、シャークスの4チームであることを確認した。

そこに2017年からPRO14に参加していた南アフリカのキングス、そしてチーターズの名前はなかった。

キングスは9月末に財政破綻し、10月9日(金)に開幕したSRアンロックトにも参加していない。

しかしチーターズは未来を諦めていない。

南アフリカ中部のブルームフォンテーンを拠点とし、1997年にフリーステートとしてスーパー12(現SR)に初参戦。

合同チーム(キャッツ)を経て2006年から単独チームとして再登場したが、プレーオフに進出した2013年を除いて成績は低迷。2017年の再編時にSRから除外され、欧州のPRO12に飛び込んだ。

そして今回、ふたたび構想外という憂き目に遭ったが、かつて前代表主将のHOアドリアーン・ストラウス、現クボタのFLピーター・ラブスカフニらが在籍したチームは、今後も競争力を備える決意を表明している。

南アフリカの『SA Rugby magazine』のウェブ版によれば、チーターズは、ロシアやアメリカの競争力あるリーグへの参加を模索しているという。

来年以降はどのリーグで活動しているのかも分からない。現段階でチーターズの未来は極めて不透明だ。

だからこそ、なのかもしれない。

チーターズは10月開幕のSRアンロックトで熱戦を続け、2勝1敗と健闘している。第5節シャークス戦では今季唯一の黒星(13-19)を喫したが、勝敗は最終盤まで分からなかった。

そして迎える第6節、日本時間11月14日(土)は、3勝1敗のストーマーズと敵地で激突する。

ストーマーズは第4節ブルズ戦で完敗(6-39)を喫したが、強敵であることに間違いはない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ