人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月10日

【ハイライト動画あり】帝京大学、立教大学を圧倒。次戦は明治大学と激突。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

秋空の八王子で選手たちが躍動した。対抗戦も残り3試合となった帝京大学。今回の立教大学を抑え、白星を重ねたい。

立教大のキックオフで試合が始まると、帝京大はミスなどが続き、なかなか敵陣に攻められない時間が続いた。反対に立教大はキックで敵陣に侵入。前半15分に立教大はラインアウトからモールで前進。ゴール前の攻防から先制トライを奪われた。

マン・オブ・ザ・マッチの尾崎

これで火がついた帝京大は前半17分、CTB(センター)人見太基(3年=伏見工)が抜け出し、WTB(ウィング)尾崎泰雅(4年=伏見工)へパスを繋いでトライ。FB(フルバック)奥村翔(4年=伏見工)がゴールを成功させてすぐに同点に追いついた。

そこからノックオンやノットリリースザボールなど、何度か反則を取られるも前半25分、LO(ロック)山川一瑳(2年=常翔学園)が抜け出し、PR(プロップ)上杉太郎(1年=熊本西)へボールを繋げ、追加点をあげた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

そして前半29分、尾崎から奥村、人見と伏見工ホットラインが機能しトライ。さらに前半33分には尾崎、37分にはゴール前のモールから力強く前進しHO(フッカー)李承ヒョ(火に赤赤/4年=大阪朝鮮)が冷静にトライ。

前半の最後43分、スクラムで大きく前進すると、CTB押川敦治(3年=京都成章)が接点に走り込んでトライを奪った。前半は38-7で終了し、優勢のまま後半へ。

3トライをあげた平坂

後半は帝京大の圧倒的な力を見せつけた。後半開始5分、WTB平坂海人(4年=日向)が相手を一気に抜け出してトライ。9分にはリッチモンド・トンガタマ(3年=オタフカレッジ)が接点勝負で勝ち、そのままトライ、点差を広げた。さらに2連続トライを重ねると後半20分、一度に7人の選手を入れ替えた。

ここから怒とうの攻撃を続け、23分にはモールから抜け出しHO江良颯(1年=大阪桐蔭)、26分にはLOアレクサンダー・マクロビー(2年=セントケンティガンカレッジ)がトライ。そしてさらに4トライを追加し、最終的に106-7でノーサイド。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ