人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月3日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、帝京大学との全勝対決を制す。大学からラグビーを始めた坪郷智輝がMOM。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

早稲田大学は、関東大学対抗戦1つ目のヤマ場を迎えた。今試合は帝京大学との全勝対決。両校とも絶対に落としたくない一戦だ。

MOMに選ばれたFL坪郷のトライ

前半は早大が先制し、立て続けに得点するが、帝京大の猛攻にあい同点で折り返す。後半はWTB(ウィング)槇瑛人(スポ2=東京・国学院久我山)や、FL(フランカー)坪郷智輝(法4=埼玉・川越東)らの活躍で4トライを挙げ、難敵・帝京大に対して勝利を収めた。

主導権を握りたい早大は8分、PKで敵陣深くに侵入すると、ゴール前5mの位置でスクラムを組み、NO8(ナンバーエイト)丸尾崇真主将(文構4=東京・早実)が、持ち出したボールを受けたCTB平井亮佑(スポ4=福岡・修猷館)が、インゴールへ飛び込んだ。

その後、FL村田陣悟(スポ1=京都成章)のトライで5点を取るが、帝京大FW(フォワード)の猛攻にあって3トライを献上し、逆転を許してしまう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

なんとか前半のうちに追いつきたい早大は、37分、帝京大の反則から敵陣5mでのラインアウトを獲得。そのままモールで押し込み、坪郷が対抗戦初トライを挙げる。SO(スタンドオフ)吉村紘(スポ2=東福岡)のゴールも決まり、19-19の同点で前半を終えた。

トライを奪ったCTB長田

迎えた後半、序盤は一進一退の攻防が続く。均衡を破ったのは早大。13分、敵陣深くでのラインアウトから左右に展開しながら前進する。そして平井、FB(フルバック)南徹哉(文4=福岡・修猷館)とボールをつなぎ、CTB長田智希(スポ3=大阪・東海大仰星)がグラウンディング。

続く17分には、槇がハーフウェイラインから50mほど駆け抜けトライ。しかし、すぐに帝京大も追加点をあげて食らいつく。流れを渡したくない早大は25分、敵陣5mでのラインアウトからモールで前進し、坪郷がインゴールをこじ開ける。前半のモールトライと似たかたちでの得点となった。

37分にもWTB(ウィング)古賀由教(スポ4=東福岡)が得点を挙げ、早大の勝利を決定づける。試合終了間際帝京大に1トライを献上したが、45-29でノーサイドとなった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ