人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月3日

【ハイライト動画あり】帝京大学、今季初の有観客試合で早稲田大学に敗戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

11月というのに、ぽかぽか陽気が感じられたこの日。帝京大学としては今年度初の有観客の試合に臨んだ。これまでの東京・百草グラウンドでの無観客試合では感じられなかった陽気に負けない暖かかい拍手に迎えられ、選手たちは秩父宮のグラウンドに駆け出して行った。

早稲田大学のキックオフで始まった試合は序盤、岩出雅之監督が「緊張が見られた」というように、これまでの3試合とは別のチームのような硬さが見られた。

そして前半7分、自陣ゴール前5mのスクラムから、早稲田大が先制トライをあげる。さらに13分には帝京大のディフェンスのギャップをつかれ、前進を許し、最後はインゴール右隅にトライを許す。

CTB押川が反撃のトライ

しかし、これまでの3試合で見せた圧倒的な攻撃力は機能。18分にはSO(スタンドオフ)高本幹也(2年=大阪桐蔭)が、早稲田大ディフェンスをひきつけ、CTB(センター)押川敦治(3年=京都成章)にオフロードパス。そして、押川がそのままインゴールに飛び込みトライ。

24分にはゴール前5mの早稲田大ボールのスクラムをターンオーバー。そのままFW(フォワード)が一体となり、スクラムを押し続けNO8(ナンバーエイト)奥井章仁(1年=大阪桐蔭)が抑えた。

28分にはラインアウトからモールを形成。塊を押し込んでFL(フランカー)リッチモンド・トンガタマ(3年=オタフフカレッジ)がトライをあげ、一時逆転。しかし、36分にはラインアウトでサインプレーを展開され、モールで押し込まれてトライを許す。帝京大は19-19の同点で前半を終えた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

後半、最初の得点は早稲田大だった。12分、帝京大のディフェンスのギャップをうまく突かれトライを許すと、続けざまに17分にもトライを献上し、19-33とリードを広げられる。

尾崎が1トライを返す

一方の帝京大は19分、ついに松本健留主将(4年=大阪桐蔭)が今シーズン初出場し、チームを盛り上げる。20分にはラインアウトでできたモールから、HO(フッカー)江良颯(1年=大阪桐蔭)、SH(スクラムハーフ)土永雷(4年=光泉)、WTB(ウイング)尾崎泰雅(4年=伏見工)とつなぎ、尾崎がトライをあげた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ