人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月1日

ブルズvs.ストーマーズ、伝統の「南北ダービー」は意外すぎる結末。スーパーラグビー2020 南アフリカ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

突進するブルズのドゥエイン・フェルミューレン

10月9日(土)に開幕した南アフリカの国内大会「スーパーラグビー・アンロックド」。折り返しに入った10月31日(土)の第4節は、南アフリカ伝統の「南北(North-South)ダービー」、ブルズvs.ストーマーズの一戦が、ブルズのホーム・プレトリアにあるロフタス・ヴァースフィールドで行われた。

ブルズは、1勝1敗で迎えた先週のシャークス戦では6トライを挙げて快勝し、2勝1敗の勝ち点10で首位に立った。ホームで強敵ストーマーズを下して連勝したいところ。

一方、アウェイのストーマーズは、開幕節はBYE(休みの週)で、チーム初戦となる第2節、先週と連勝し、勝ち8の3位につけている。その勢いでブルズを破り3連勝してトップに躍り出たいところ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

ブルズはFW(フォワード)に、スプリングボクスのベテランPR(プロップ)トレヴァー・ニャカネ、日本のトヨタ自動車でもプレーするLO(ロック)ジェイソン・ジェンキンス、キャプテンでありクボタでもプレーしていたNO8(ナンバーエイト)ドゥエイン・フェルミューレンらが先発。

さらに経験富なSO(スタンドオフ)モルネ・ステイン、ブリッツボッカ(7人制ラグビー南アフリカ代表)でもあるCTB(センター)ステッドマン・ガンズといったBK陣と、力のある布陣を揃えた。

ストーマーズはFWが、スプリングボクスの主将でもあるFL(フランカー)シヤ・コリシがケガで欠場したが、PRスティーヴン・キッツォフフランス・マルハーバ、HO(フッカー)はボンギ・ンボナンビ

BKは、SH(スクラムハーフ)ハーシェル・ヤンチース、SOダミアン・ヴィレムセ、FB(フルバック)ウォリック・ヘラントと、昨年のワールドカップ優勝メンバーと若手を融合させた編成で臨んだ。

日が落ちて少し肌寒く、時々小雨が降る初夏のロフタス・ヴァースフィールドで、今回も無観客で試合はキックオフされた。

先制したのはホームのブルズだった。前半3分、相手のペナルティからPG(ペナルティゴール)を選択。SOステインが落ち着いて沈めて3-0。ストーマーズも5分、PGをSOヴィレムセが決めて同点に追いつき、14分にさらにPGを重ねて6-3と逆転した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ