人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月1日

天理大学、コロナ禍を乗り越え、5連覇を目指す黒衣の絶対王者。ラグビー関西大学リーグチーム紹介

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

関西で4連覇中の天理大学

関西大学Aリーグで優勝候補筆頭は、もちろん5連覇を狙う黒衣軍団の天理大学だ。10月の交流戦でも関西大学に48-12、摂南大学に65-0、立命館大に35-12と危なげなく3連勝を達成。今年こそ、関西制覇はもちろんのこと、悲願の大学日本一を目指す。

コーチを経て、1995年から指揮官に就任した小松節夫監督が「一手一つ」というクラブの普遍的なスローガンの下、今年も「ディフェンスからチームを作る。身体の小さい選手がハードワークし、ボールをスピーディーに展開する」というラグビーは不変だ。

主将の松岡大和(写真:関西ラグビーフットボール協会)

小松監督が「一番元気があり、チームを引っ張っている」とキャプテンに指名したのが、FL(フランカー)松岡大和(4年)だ。昨年のキャプテンである、FL岡山仙治(クボタ)同様、運動量とハードタックルが武器だ。副キャプテンには春にはサンウルブズでも活躍したCTB(センター)シオサイア・フィフィタが就いた。

「サイア(フィフィタ)をキャプテンにすることも考えましたが、最終的には松岡がキャプテンで、サイアが支える形となりました」(小松監督)。

J SPORTS オンデマンド番組情報

今年の天理大にはFL松岡、CTBフィフィタだけでなく、1年生からハーフ団を組んでいるSH(スクラムハーフ)藤原忍、SO(スタンドオフ)松永拓朗(ともに4年)ら、経験値と個々の能力の高い選手が揃う。

そのため4年生たちで話し合い、今年のスローガンを「Go For The Top」と定めた。松岡キャプテンは「一昨年、昨年の先輩たちの悔しさ、思いを受け継いで、今季は絶対日本一を取るという気持ちを込めました」と説明する。

ただ、そんな天理大に暗雲が立ちこめる。春先の自粛期間を経て、ハードにトレーニングし、菅平合宿の直前に向かおうとしていた矢先の8月12日、部員の1人が新型コロナウィルス陽性が判明。結局、62名が陽性となり、病院やホテルなどに隔離される選手もいる中、9月10日までの1ヶ月間、練習することがかなわなかった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ