人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月30日

明治大学、4連勝を賭けて慶應義塾大学と対戦。ラグビー関東大学対抗戦。

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

ラグビー関東大学対抗戦、第3節で国立の雄・筑波大学を下し、開幕3連勝と波に乗る明治大学。現在、帝京大学、早稲田大学と並び首位をひた走る。中1週で迎える11月1日(日)は、宿敵・慶應義塾大学と対戦する。

J SPORTS オンデマンド番組情報

対抗戦前半戦のヤマ場、筑波大戦。初戦で慶應大を下した実力は本物だった。

7-5と均衡を崩せぬまま迎えた前半29分。筑波大の速いリロードに後手を踏み、対抗戦初となる勝ち越し点を献上する。「(ディフェンスが)不安定な場面でプレッシャーを受けてしまった」(左LO/ロック片倉康瑛・法4=明大中野)。

しかし、選手たちに焦りの色は見えなかった。「(前半から)やろうとしていたラグビーはできていた」(NO8/ナンバーエイト箸本龍雅主将・商4=東福岡)。

今季初スタメンの小島

直後の31分、敵陣マイボールスクラムからBK(バックス)で組み立てたサインプレーで相手防御網を突破。すぐさま逆転に成功する。さらに42分には、今季初スタメンの右WTB(ウイング)小島昂(法4=明大中野)が追加点を挙げ、19-12で前半を折り返した。

流れを引き寄せる格好で迎えた後半だったが、序盤は苦しい時間が続く。後半13分、左CTB(センター)森勇登(政経4=東福岡)が危険なタックルでシンビンを食らい、数的不利に立たされる。

それでも今試合のテーマである『KEEP WORKING』を徹底。「横のコミュニケーションを取って落ち着いて守れた」(箸本)。窮地に立たされても、SH(スクラムハーフ)飯沼蓮(営3=日川)や、FB(フルバック)石田吉平(文2=常翔学園)らのジャッカルで凌ぎ、10分間1度もインゴールを割らせなかった。

J SPORTS 放送情報

雨降って地固まる。「このピンチを耐えれば、流れは来ると確信していた」(飯沼)。控えのメンバーが複数投入された同24分には、敵陣ラインアウトモールからペナルティトライ(認定トライ)を獲得。

試合終了間際にトライを奪った山本龍

「(今年は)後半メンバーが入れ替わって、流れが良くなることが多い」(飯沼)。試合終了間際には、交代メンバーの山本龍亮(情コミ4=桐蔭学園)が勝利を決定づけるトライを決め、最終スコア33-17。前半戦のヤマ場、タフな激戦を制した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ