人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月11日

対抗戦は明治、早稲田、帝京、リーグ戦は東海、日本、流通経済が開幕2連勝。関東大学ラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

10月10日(土)11日(日)、関東大学ラグビー対抗戦とリーグ戦の第2節がそれぞれ4試合ずつ行われた。対抗戦は優勝候補の明治大学、早稲田大学、帝京大学の3校が開幕から連勝し、リーグ戦も東海大学、日本大学、流通経済大学と、昨年の上位3校が開幕から連勝を飾った。

対抗戦は昨年3位タイ同士の帝京大学筑波大学が激突した。筑波大がSO(スタンドオフ)山田雅也を中心に積極的に攻撃し、前半33分には17-14とリードする。しかし、帝京大はFW(フォワード)陣が奮起し、HO(フッカー)江良颯(1年)、LO(ロック)アレクサンダー・マクロビー(2年)のトライなどで、前半を28-17とリードして折り返す。

後半は帝京大がFWだけでなく、接点でも相手を圧倒し失点を許さず、さらに4トライを重ねて54-17で快勝。

2トライを挙げてMOMに選ばれたHO江良(1年)

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出された帝京大のHO江良は「自分がやるべきことをやった。周りの先輩がサポートしてくれて、伸び伸びプレーできている」と振り返った。また岩出雅之監督は「受けないでしっかり挑戦して臨んだ。厳しい相手のタフさにどれだけ挑戦できるか楽しみだった、成長を感じる試合だった」と話した。

J SPORTS 放送情報

昨年全勝優勝した明治大学は、青山学院大学と対戦した。先制トライを許すも、その後は攻守にわたって終始ペースをつかみ、前半7トライ、後半7トライの猛攻を見せて82-10で快勝。MOMにはハットトリックを達成したFL(フランカー)福田陸人(3年)が選出された。

「チームとしてはゲインラインで勝つということで、僕も自分の得意のボールキャリーで前に出られてよかった。得意のボールキャリーとジャッカルで(今後も)チームに貢献していきたい」(福田)。

昨年度の大学選手権王者の早稲田大学は昇格組の立教大学をホームに迎えた。前半は早稲田大がキャプテンNO8(ナンバーエイト)丸尾崇真(4年)だけでなく、FB(フルバック)小泉怜史、WTB(ウィング)今駒有喜といった2年生の活躍もあり、4トライを挙げて24-0でリードする。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ