人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月5日

【ハイライト動画あり】未来のオールブラックス候補が続々!試合は延長戦で劇的決着!NZ国内選手権「マイター10カップ」カンタベリー×ウェリントン

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

カンタベリーのSOファーガス・バーク

ニュージーランド(NZ)の地区代表選手権「マイター10カップ」に、未来のスター候補が続々と登場している。

10月3日(土)の第4節、カンタベリー(1勝2敗)が本拠地オレンジセオリー・スタジアムにウェリントン(2勝1敗)を迎えた一戦は、NZ代表を狙える若手有望株の活躍が目立った。

毎年秋にNZで開催されるマイター10カップは、オールブラックス(NZ代表)を頂点とするピラミッドにおいて、スーパーラグビー(SR)に次ぐ第3のカテゴリーだ。

しかしこの日のウェリントンの先発15人中10人がハリケーンズ(SRチーム)所属であるように、選手構成はSRレベル。

だからこそ、この舞台に抜擢される若手はラグビーエリートであり、未来のオールブラックス入りを期待される有望株なのだ。

なかでも第4節「カンタベリー×ウェリントン」の強豪対決では、NZ代表にデビューしていない若武者たちが躍動した。

開始早々に特大のキックで観客を湧かせたのは、カンタベリーの21歳、SOファーガス・バーク。

今年クルセイダーズ(SRチーム)にデビューしたばかりの元U20NZ代表は、自陣22mから敵陣10m付近まで、約50mのキックで自陣脱出。特大のハイパントも披露するなど、強みのキックで魅了した。

そんなSOバーグのPG(ペナルティゴール)成功で3点を先取したカンタベリー。

前半20分にはキックカウンターから、こちらもノンキャップである23歳のWTBマナサ・マタエレが突破してトライを演出。その後PGも1本追加し、11-0と快調にリードした。

J SPORTS オンデマンド番組情報

前半30分にウェリントンのCTBヴィンス・アソに1トライを返されたが、カンタベリーは同37分。

2年前までU20NZ代表だった22歳のノンキャッパー、CTBンガネ・プニヴァイが、ゴール前でフラットに仕掛けてチーム2トライ目。18-7とした。

若手の才能ならウェリントンも負けてはいない。

前半ロスタイム、モールの攻防から片手トライを決めたのはLOナイトア・アクオイ。今年チーフス(SRチーム)にデビューした196センチの二十歳だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ