人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月3日

明治大学、今季の公式戦初陣へ。八幡山で立教大学を迎え撃つ。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

箸本龍雅主将、今季のスローガンは『One by One』

待望のラグビーシーズンが開幕する。明治大学は10月4日(日)、ラグビー関東大学対抗戦の初戦となる立教大学戦を迎える。昨年、21年ぶりに対抗戦単独優勝を果たした明治大だが、全国大学選手権では、早稲田大学に敗北を喫し、準優勝に終わった。 

待ちに待ったシーズン初戦は、立教大学と対戦する。成蹊大学に入替戦で勝利し、5年ぶりのAグループ挑戦となる立大だが、決して侮れる相手ではない。明大と立大は伝統校同士とあって、毎年定期戦で相対する。昨年6月の定期戦では24-38で立大に軍配。春季シーズン、強豪相手に無敗を誇っていた明大に唯一、土をつけた。

キックオフから終始、主導権を握られ、前半は14-21。試合を通じて、一度もリードを奪えず、完敗を喫した。次戦も金星へ、死力を尽くして向かってくることが予想される。相手の気迫に対して受けに回らず、明治らしく80分間、スキを見せず攻め続ける姿勢が勝利をもたらす。

今季を飛躍のシーズンとしたい石田

立大戦の攻撃の鍵を握るであろう2人のBK(バックス)を紹介したい。1人目は、WTB(ウイング)での出場が有力視される石田吉平(文2=常翔学園)。WTBは2つのポジションを、石川貴大(政経4=報徳学園)、松本純弥(政経3=佐賀工)、石田ら多くの実力者が狙う。

常翔学園時代は、FL(フランカー)、NO8(ナンバーエイト)、FB(フルバック)そして、SH(スクラムハーフ)までこなし、花園を沸かせた石田。168センチ、74キロという小柄な体系ながら、相手のギャップを突くステップ、高いラグビーナレッジが生み出すユーティリティ性には「ゲーム感、嗅覚が優れている」(田中澄憲監督)と指揮官も太鼓判を押す。

1年時から活躍が期待されていた石田であったが、昨年は肩のケガの影響もあり、対抗戦の出場は成蹊大戦の1試合のみにとどまった。ポジションにとらわれない柔軟な動きで、時にはパサー、時にはフィニッシャーへ。変幻自在にピッチを駆け回る姿が今から待ち遠しい。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ