人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月18日

バレット兄弟にホワイトロック!オールブラックスが多数参戦のNZ国内選手権「マイター10カップ」カンタベリー×タラナキ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

カンタベリーvs.タラナキ

ニュージーランド(NZ)の国内選手権「マイター10カップ」(Mitre 10 Cup)が盛り上がっている。

今回はJ SPORTSオンデマンド限定でLIVE配信される注目の一戦「カンタベリー×タラナキ」を紹介したい。

【タナラキ】スターティングメンバー

9月11日(金)に開幕したNZ国内選手権「マイター10カップ」は第2週。

19日(土)は開幕2連勝をかけて、LOサム・ホワイトロックらNZ代表6人が先発するカンタベリーが、SOボーデン・バレットら代表3選手を並べたタラナキを迎え撃つ。

ここで、まずはNZ国内選手権をおさらいしておこう。

かつては「NPC」「エアーニュージーランドカップ」「ITMカップ」という名称で、2016年からNZ国内に80店舗以上あるホームセンター「Mitre 10」がスポンサーとなり現在の大会名となった。

参加する14の地域代表は、国内王者を決める上位7チームの「プレミアシップ」と、下位7チームの「チャンピオンシップ」に分かれている。

今年は10週のレギュラーラウンドを戦い、各上位4チームが各決勝トーナメントへ進出。決勝戦は11月28日(土)となる。

報酬を得られる舞台でもあり、2015年の場合は選手の最低賃金保障が1万8000ドル、上限は5万5000ドル。地元クラブから招集され、ここでプロの第一歩を踏み出す若手選手も多い。

過去には日本人選手も参戦している。

NPC発足以前の1969年にカンタベリーで活躍した坂田好弘、NPC発足以降では大久保直弥(サウスランド)、木曽一(ノースハーバー)、四宮洋平(マナワツ)、浅野良太(カウンティーズ・マヌカウ)、遠藤幸佑(カンタベリー)、田中史朗、堀江翔太、立川理道(いずれもオタゴ)、茂野海人(オークランド)、内田啓介(タスマン)らが戦った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

そんなマイター10カップで活躍すればスーパーラグビーへ、さらにスーパーラグビーで活躍すればオールブラックス(NZ代表)へとステップアップできる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ