人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月3日

【ハイライト動画あり】強行出場のバレット躍動!ビッグスクラム連発!ブルーズが優勝へ望みつなぐ。SRアオテアロア第8節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

多くの局面で優勢となり、地力で勝った。

ニュージーランド(NZ)版スーパーラグビー(SR)「アオテアロア」は第8節。

8月2日(日)は、2勝3敗(4位)のハイランダーズが、地元ダニーデンに4勝2敗(2位)のブルーズを迎えた。

長らく低迷していたブルーズは、ハイランダーズの本拠地であるフォーサイスバー・スタジアム(ダニーデン)で、一度も勝ったことがなかった。

ただ優勝の可能性が残るブルーズは、2003年以来17年ぶりのタイトル奪還へ向けて充実していた。ディフェンスのアティチュード(態度)も緩みがなかった。

ケガを押して72分間出場した仲間の存在は、チームの士気高揚にひと役買っていたはずだ。

ブルーズで2年目のレオン・マクドナルドHC(ヘッドコーチ)は、先発スタンドオフにNZ代表のスター、SOボーデン・バレットを起用した。

ただ試合後にマクドナルドHCが明かした事実は、バレットがチーフス戦で肋骨を痛め、ハイランダーズ戦はケガを押しての強行出場だったことだ。

しかし勝ち点2差で首位クルセイダーズ(勝ち点19)を追いかける重大局面に、バレットの力は必要だった。

SOバレットも期待に応え、コンバージョンキックこそ不調だったものの、的確なハイパントやクロスキックでトライを演出。72分間出場した。

この日のブルーズはフロントロー(FW第1列)も躍動。ブルーズの先制トライはほとんどスクラムトライと言えるものだった。

前半7分、ブルーズのフォワード8人が、敵陣ゴール前のマイボールスクラムで猛プッシュ。

押しきったところでNO8アキラ・イオアネが右へ持ち出し、相手ウイングをなぎ倒してトライを奪った(ゴール不成功)。ただ功労者は間違いなく、直前のスクラムで勝利したブルーズのフォワード陣だったろう。

ブルーズの勢いは止まらず、先制トライから3分後、SOバレットのキックパスをWTBケイリブ・クラークが捕球&オフロードパス。SHフィンレー・クリスティーの鮮やかなトライが生まれた。12-0

ただブルーズは、反則数が玉に瑕(きず)。この日は14回のペナルティを犯した(ハイランダーズは8回)。

前半のブルーズは31分、40分にも1トライずつを追加したが、ハイランダーズはブルーズの反則につけこんで、大崩れせず。

前半20分には相手反則による敵陣ラインアウトモールから、この日のチーム初トライ。さらにブルーズの反則から、3本のPG(ペナルティーゴール)を追加した。

前半のトライ数は4対1でブルーズが圧倒。しかしスコアは8点差(24-16)に留まった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ