人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月22日

元スコットランド代表主将グレイグ・レイドロー、NTTコミュニケーションズ入団会見

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

7月22日(水)、来年1月開催予定のトップリーグ2020-21シーズンから、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスでプレーすることが決まった、スコットランド代表キャップ76を誇るSH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドローのオンライン入団記者会見が行われた。

会見はレイドローと、シャイニングアークスの内山浩文GM(ゼネラルマネージャー)が出席し、司会進行は元日本代表WTB(ウィング)山田章仁が務めた。

冒頭、内山GMはレイドローを新たに獲得した訳を「過去5シーズン、昨シーズンは暫定ですが、3回5位という成績で、今まで(トップリーグで)ベスト4を超えることができていません」。

「ピッチ上でのゲームマネジメント、局面、局面での勝つためのチョイス、強力なリーダーシップやキャプテンシー、レフリーとのコミュニケーションを強化するなど、現実的な課題を解決するための適材適所」と説明した。

「契約まで4~5ヶ月かかった」というレイドローはまず、日本に来た理由を「交渉の段階で、内山さんと話をさせていただいたら、すごくプロフェッショナルな対応してくれたのが好印象だった」。

「施設も素晴らしいものが揃っているし、内山さんに将来のチームの計画を聞いて、力になれると思いました」と話した。

2019年ワールドカップ期間中、スコットランド代表として、NTTコミュニケーションズの練習場「アークス浦安パーク」を利用しており、レイドローは「フィールド、ジム、リカバリーと施設には素晴らしいものが揃っており、ワールドクラスだと思います」。

「ラグビー選手としての仕事場は施設(練習場)なので、毎日行くことを楽しみにしています。ラグビー選手としての使命は(パフォーマンスを)向上することで そのために施設が大事になってきます」と印象を語った。

トップリーグでプレーする印象を聞かれると「日本のラグビーは欧州でも人気あります。ワールドカップでのパフォーマンスが良かったこともありますが、日本ラグビーのスタイルが魅力的なので、かなり注目されています」。

「日本ラグビーは急成長しています。2015年から日本代表も伸びているので楽しみです。早く合流し、トップリーグでプレーするのが楽しみです」と語気を強めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ