人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月19日

【ハイライト動画あり】3位ハリケーンズと2位ブルーズが激突、バレット兄弟の対戦は大接戦に。スーパーラグビー2020 アオテアロア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:ボーデンとジョーディー(右)のパレット兄弟

6月13日に開幕したニュージーランド国内の5チームによって争われている「スーパーラグビー2020 アオテアロア」」。

第6節の折り返しに入り、3位につけているハリケーンズが2位のブルーズをホームに迎えた。両チームのFB(フルバック)を務めたジョーディーボーデンのバレット兄弟の対決がラグビーファンの耳目を集める一戦となった。

ハリケーンズは開幕戦から連敗後、BYE(休みの週)を挟んで第4節のチーフス戦、前節のハイランダーズ戦と2連勝した。今節はホームでの連勝、そして3連勝がかかったゲームだった。

先週のハイランダーズ戦から、共同キャプテンのひとりHO(フッカー)ダン・コールズが復帰し、FL(フランカー)は前節ブラインドサイドで先発した20歳のデヴァン・フランダースに替わってリード・プリンセプが先発に入った。

NO8(ナンバーエイト)は昨年のワールドカップでも活躍したアーディ・サヴェアが務めた。

BK(バックス)は、前節休養していたSO(スタンドオフ)にジャクソン・ガーデン バチョップが復帰し、共同キャプテンを務めるニュージーランド代表SH(スクラムハーフ)のTJ・ペレナラとハーフ団を構成。

CTB(センター)はピーター・ウマンガ ジェンセンが先発に戻り、オールブラックスのンガニ・ラウマペとコンビを組んだ。FB(フルバック)は、オールブラックスのジョーディー・バレットが入った。

アウェイのブルーズは開幕戦から3連勝し、前節はスーパーラグビー3連覇中のクルセイダーズに挑んだが、後半失速して初黒星を喫し、3勝1敗で2位へと後退した。首位のクルセイダーズに離されないためにも勝ちたい試合だった。

HOのジェームズ・パーソンズが脳震盪のため、カート・エクランドが先発。またFLに入っていたアキラ・イオアネが、ケガをしたホスキンス・ソトゥトゥに替わってNO8にシフトし、6番はアーロン・キャロルが務めた。

ニュージーランド代表のPR(プロップ)オファ・トゥウンガファシ、キャプテンのLO(ロック)パトリック・トゥイプロトゥと、クルセイダーズでオールブラックスCTBジャックの双子の弟ジョシュ・グッドヒューらは引き続き先発した。

BK(バックス)では、CTB(センター)はハリー・プラマーと、NO8アキラの弟でニュージーランド代表のリーコ・イオアネ、ハリケーンズFBのジョーディーの兄で、オールブラックスのスター、FBボーデン・バレットが今節も先発。

WTBは、ケガのケレリブ・クラークに替わって、21歳になったばかりのフィジー出身のエモニ・ナラワがマーク・テレアと両翼を担った。

約2万人の観客を集めたウェリントンのスカイスタジアムで、小雨が降る中、試合はキックオフされた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ