人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月10日

ハイランダーズ、ハリケーンズのホーム・鬼門のウェリントンで勝利なるか。スーパーラグビー2020 アオテアロア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

スーパーラグビーのニュージーランド5チームによる国内大会「スーパーラグビー2020 アオテアロア」。今週末は早くも折り返しに差し掛かる第5節が行われ、7月12日(日)には4位・ハリケーンズと3位・ハイランダーズの、1勝2敗同士が対戦する。

ハリケーンズは開幕戦でブルーズに20-30、第2節はクルセイダーズに25-39と連敗。第3節はBYE(休みの週)、そして先週の第4節はアウェイでチーフスに、25-18と今大会初白星を挙げ、勝ち点4で現在4位。前節勝利したものの、今週は5人の先発を替えた。

FW(フォワード)から見ていくと、フロントローは、キャプテンのHO(フッカー)ダン・コールズ、PR(プロップ)のフレイザー・アームストロングがケガのため欠場、HOアサフォ・アウムア、PRベン・メイが先発する。オールブラックス1キャップを持つ3番PRのティレル・ロマックスは4試合連続先発となる。

LO(ロック)はジェームズ・ブラックウェル、スコット・スクラフトンが引き続きスターターに入り、FL(フランカー)はリード・プリンセプに代わって20歳のデヴァン・フランダースがブランドサイドに、オープンサイドにはデュプレシー・キリフィが入った。NO8(ナンバーエイト)はオールブラックスのアーディ・サヴェアが務める。

BK(バックス)は、共同キャプテンを務めるニュージーランド代表SH(スクラムハーフ)のTJ・ペレナラとSO(スタンドオフ)フレッチャー・スミスがハーフ団を組み、チーフス戦で司令塔だったジャクソン・ガーデン バショップは、ローテーションのためメンバー外となった。

さらに先週先発したピーター・ウマンガ ジェンセンに代わり、ブルーズのイオアネ兄弟の従兄弟でもあるヴィンス・アソが、CTB(センター)でオールブラックのンガニ・ラウマペとコンビを組む。

WTB(ウィング)は先週から引き続きベン・ラムと南アフリカ出身のコーバス・ファンヴァイクが務め、FB(フルバック)は前節復帰したオールブラックのジョーディ・バレットが入った。

リザーブにはニュージーランド代表のFLヴァエア・フィフィタ、2年前にサンウルブズでプレーしたSHジェイミー・ブースらが入り、ベンチからチャンスをうかがう。

ハリケーンズのジェイソン・ホランドHC(ヘッドコーチ)は、「毎週ダービーのような試合が続いて、とてもフィジカルだ。だからこの大会は毎週のリカバリーやマネジメントがカギとなる。

ダン・コールズを始め、HOのケガ人が多いので、この4連戦を乗り切るのはタフなことになるだろう。なんとか選手をうまくローテーションしたい」と選手起用に関して話した。選手をローテンションしつつ、持ち前の攻撃力で今大会、ホーム初勝利を狙いたい。

なお、この日は「クラブ・ナイト」として、選手もファンも自らの愛するクラブチームのジャージを着てスタジアムまでやってくることになっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ