人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月2日

NZ強豪ハリケーンズに力負け。サンウルブズが敵地で今季3敗目。スーパーラグビー第5節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ニュージーランド(NZ)の強豪ハリケーンズが地力を見せつけた。

南半球を中心とした最高峰クラブリーグ「スーパーラグビー2020」は第5節。

参戦5年目で1勝2敗のサンウルブズ(日本)は2月29日(土)、ネイピアのマクリーンパークで、2勝1敗のハリケーンズと対戦した。

2016年以来2度目の優勝をめざすハリケーンズは、先発に6人の代表経験者を並べる強力布陣。

一方のサンウルブズは、前節から先発9人を変更。

司令塔10番には今季初出場のSO小倉順平。また負傷したベン・テオに代わって早大4年のCTB中野将伍が先発するなど、フレッシュなメンバーで2勝目をめざした。

先制点は赤いジャージーの狼軍団だった。

前半4分、3人一組のFWユニットのショートパスから、開幕から全試合先発のLOマイケル・ストーバーグ(近鉄)が突破。

そのまま独走トライを決め、勝利を期待するホークスベイ地方のハリケーンズファンを沈黙させた。0-7

するとここからハリケーンズの攻撃力が爆発。サンウルブズは約50分間得点から遠ざかった。

失点の理由のひとつは低いタックル精度。ハリケーンズ戦では37回のタックルミスがあった(ハリケーンズは11回)。

前半12分にタックルミスからゲインを獲られ、こぼれ球を拾ったハリケーンズのWTBコーバス・ファンダイクが守備を裂いてトライ。7-7に追いつかれた。

サンウルブズはSO小倉順平が前半17分にPG(ペナルティゴール)を決めて10-7と勝ち越すが、直後の19分だった。

 

セットプレーからの攻撃でWTBファンダイクがタックラーを弾き、そのまま外へ繋いで2連続トライ。

1対1のタックル精度で後手を踏み、14-10とリードを許した。

前半25分には先週も苦しんだスクラムでプレッシャーを受け、PKを奪われると、NZ代表のスクラムハーフTJペレナラが速攻。FBチェイス・ティアティアが豪快にトライラインを割った。21-10

FWの劣勢も失点に拍車をかけた。

前半29分にはモールを押されたのちに移動攻撃からWTBファンダイクが右隅にトライ。28-10とリードを許し、後半へ向かった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ