人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月16日

サンウルブズ、強豪チーフスとの対戦で課題と手応え。スーパーラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1月31日に開幕した今シーズンのスーパーラグビーは第3節を迎え、2月15日(土)は、東京都・秩父宮ラグビー場で、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズとニュージーランドのチーフスの対戦が行われた。

開幕戦でレベルズに36-27と勝利したサンウルブズは、先週はBYE(休みの週)で、この試合がシーズン2戦目となった。

連勝を目指し、早稲田大学4年のSH(スクラムハーフ)齋藤直人が初先発し話題を集めたこの試合には、1万8708人の観客が今シーズンの秩父宮ラグビー場での初戦を見守った。

試合はチーフスのキックオフで始まった。サンウルブズはチーフスに攻め込まれるも、ディフェンスからチャンスを作り出す。

そして前半7分、SO(スタンドオフ)ガース・エイプリルがチーフスのPR(プロップ)アツ・モリをかわし、ゴールラインを越えてボールをグラウンディング。

エイプリルは自身でコンバージョンも決めて、ホームのサンウルブズが7-0と先制に成功する。

しかし11分、チーフスはサンウルブズのペナルティから敵陣に入ると、マイボールラインアウトからモールで押し込んだ後、左に展開しWTB(ウィング)ソロモン・アライマロが隅にトライを決める。

FB(フルバック)ダミアン・マッケンジーのゴールは外れたが、チーフスが5-7と追い上げ、その後はチーフスが試合のペースをつかむ。

15分、チーフスはサンウルブズにプレッシャーをかけ、WTBショーン・スティーブンソンがターンオーバー。タッチラインに沿って走ってトライ。FBマッケンジーがゴールを決めて12-7とチーフスが逆転する。

サンウルブズもWTBシオサイア・フィフィタ、PRジャレッド・アダムスらが力強いランでゲインし、フェーズを重ねてゴールラインまで迫るも、相手のディフェンスの前に得点を挙げることができない。

24分、この試合でゲームキャプテンを務めたチーフスのSH(スクラムハーフ)ブラッド・ウェバーが、ラインアウトを起点としたアタックから抜け出してトライ。17-7とチーフスがリードを広げる。

流れは完全にチーフスに傾き、34分、ラックにトップスピードで走り込んできたFBマッケンジーが、相手を3人を振り切ってブレイク。

最後はWTBアライマロからマッケンジーに手渡してトライ、マッケンジーが自らゴールも決め、24-7と突き放す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ