人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月3日

王者の風格。鉄の男達がスタイル貫徹の97得点完封。トップリーグ第4節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

鉄の男達はスタイルを80分間貫いた。大量リードに気を緩めることなく、成すべき事を成した。

2連覇を見据える神戸製鋼。9446人が集った地元で、堂々たるパフォーマンスだった。

2日2日(日)、兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われたトップリーグ第4節は、3勝0敗の神戸製鋼コベルコスティーラーズと、1勝2敗のNTTドコモ レッドハリケーンズの対戦。

神戸製鋼は元ニュージーランド代表で28キャップを重ねたスクラムハーフ(SH)で、共同キャプテンを務めるアンドリュー・エリスが存在感を示した。

序盤の前半8分、チームが堅陣を敷いてボールを奪い返すと、ラックサイドへの仕掛けからウイング(WTB)山下楽平のトライをお膳立て。

さらに直後のキックオフでは、反則からのクイックスタートを献身的にサポートし、みずから右中間にトライ。35歳のいぶし銀が2つのトライに絡み、スタートダッシュを助けた。

NTTドコモはディフェンスではロック(LO)杉下暢、アタックではWTBジョセファ・リリダムらが気を吐くが、たびたびジャッカルにあうなどして攻撃が続かない。

一方の神戸製鋼は前半13分、この日が誕生日だった流経大卒のナンバーエイト(NO8)、タウムア・ナエアタがフィニッシャーに。

さらに同23分には、そのNO8ナエアタの突破を足掛かりとして、日本代表フルバック(FB)山中亮平がチーム4トライ目を奪取。26-0

直線的なランにはしっかり対抗するNTTドコモだが、細かいパスも活かしながら巧みにスペースを突く神戸製鋼のアタックに翻弄された。

前半26、38分にも流経大卒のNO8ナエアタがスコアし、40-0の大量リードで後半へ。

前半を40得点完封で折り返した神戸製鋼だが、勝利濃厚と見て、後半開始からリザーブメンバーを多く投入することはしなかった。

緩みのない王者は、FW・BKが細かいパススキルとフィジカルを組み合わせ、効果的にスペースを攻略した。

エッジ(エリア大外)ではセンター、ウイングとFW第3列(フランカーとNO8)がパスを繋いでゲイン。時にはボールを継続するのみならず、ショートキックも使ってスペースへアプローチした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ