人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月29日

ラグビー日本代表、ジョセフHCが語る2023年ワールドカップへの第一歩

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1月29日(水)、都内にある「JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE」でラグビーワールドカップ2019年大会のレビューと、今後の男子15人制ラグビー日本代表の強化方針に関しての記者会見が行われた。

男子15人制ラグビー日本代表の藤井雄一郎強化委員長、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)の2人が登壇した。

冒頭、「ミナサン、コンニチハ」と挨拶したジョセフHCは「昨年、チームが成し遂げたことに誇りに感じています」。

「ワールドカップに向けた選手たちのハードワークの結果であり、宮崎や網走合宿での選手たちのハードワークが実を結んで証明された。これから先、向かっているチャレンジがあることを認識しており、楽しみで、これからの4年間、ワクワクしています」と話した。

さらに「昨年のワールドカップ期間中、日本のみなさん、ファンのみなさん、もともとラグビーファンだった人もそうじゃない人も、チームを応援、支援してくださってくれたことにお礼を申し上げたい」。

「そういった サポートなければ、こういう(ベスト8)結果になっていなかった。アリガトウゴザイマシタ」と謝辞を述べた。

日本代表HCを続投した理由を「シンプルに2つだけ」というジョセフHC。「1つは日本が大好き、愛していることがあります。日本の国も日本の人の考え方も好きです」。

「(もう一つは)自分には、これまでやってきたように、2023年(ワールドカップ)に向けて日本ラグビーを強化、発展していく責任を感じたからです」と説明した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ