人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月13日

【ハイライト動画あり】福岡堅樹が2トライ、ワールドカップ戦士9名出場のパナソニックがクボタに快勝。トップリーグ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ジャパンラグビートップリーグが、1月12日(日)に日本各地で開幕した。ワールドカップ会場の1つ、埼玉・熊谷ラグビー場では、パナソニック ワイルドナイツ(昨シーズン6位)とクボタスピアーズ(7位)が激突した。

両チーム合わせて日本代表、南アフリカ代表などワールドカップに出場した選手が13人出場することもあり、1万7222人のファンが詰めかけた。

パナソニックは新キャプテンのHO(フッカー)坂手淳史、PR(プロップ)稲垣啓太ヴァルアサエリ愛、WTB(ウィング)福岡堅樹、リザーブにはHO堀江翔太、SO(スタンドオフ)松田力也と、メンバー23人中、6人の日本代表が名を連ねた。

そのほか世界最高峰のLO(ロック)、ニュージーランド代表のサム・ホワイトロック、優勝した南アフリカ代表の中心選手、CTB(センター)ダミアン・デアリエンディ、リザーブにオーストラリア代表FL(フランカー)デービッド・ポーコックとワールドカップのスターたちが顔を揃えた。

一方のクボタも日本代表で大活躍したFL(フランカー)ピーター・ラピース・ラブスカフニ、南アフリカ代表でワールドカップ決勝のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いたNO8(ナンバーエイト)ドウェイン・フェルミューレン

さらにニュージーランド代表のCTBライアン・クロッティ、控えにはオーストラリア代表のSOバーナード・フォーリーと、やはりワールドカップを沸かせた選手たちがメンバーに名を連ねた。

3シーズン連続の開幕戦対決となったこの試合には、曇り空の中、パナソニックボールでキックオフされた。

試合は序盤、クボタが丁寧にボールを前に進めていこうとするが、パナソニックのディフェンスの前に反則してしまう。前半3分、帝京大学出身のルーキー、WTB(ウィング)竹山晃暉が、40mのPG(ペナルティゴール)をしっかり決めて、パナソニックが3-0と先制する。

しかし、その後はクボタが敵陣まで攻めていき、5分、CTBクロッティのパスからFLトゥパフィナウが、ラウンディングしたかに見えたが、TMO(テレビジョンマッチオフィシャル)の末、ノックオン。

それでもクボタは7分、FB(フルバック)ゲラード・ファンデンヒーファーがPGを成功させ、3-3と同点にする。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ