人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月10日

リーチ マイケルら、ワールドカップ出場選手が5名先発の「府中ダービー」・トップリーグ 東芝vs.サントリー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ワールドカップイヤーのトップリーグが、いよいよ1月12日(日)に開幕する。東京・秩父宮ラグビー場では2試合が行われ、昨シーズン準優勝のサントリーサンゴリアスに11位の東芝ブレイブルーパスが挑む。

開幕戦から東京・府中市に練習場を構える両チームが対戦する「府中ダービー」となり、互いに負けられない一戦となった。

トップリーグ最多の優勝5回を誇る東芝だが、ここ数シーズンはタイトル争いから外れ、昨季はリーグ戦で2勝5敗、総合順位でも過去最低の11位に沈んだ。

強い東芝の復活を図るべく今シーズンは、元ニュージーランド代表のLO(ロック)で、スーパーラグビーのクルセイダーズや、イングランド・バースで指揮をとったトッド・ブラックアダーが(ヘッドコーチ)に就任した。

FW(フォワード)からメンバーを見ていくと、今季から共同主将の1人となった日本代表FL(フランカー)の徳永祥堯はメンバー外となった、

NO8(ナンバーエイト)に日本代表主将のリーチ マイケル、FLにニュージーランド代表で活躍したマット・トッド、拓殖大学出身の新人FLシオネ・ラベマイが先発。

さらに2015年ワールドカップ出場のPR(プロップ)三上正貴と、4年目の深村亮太、HO(フッカー)森太志の3人が第1列、LO(ロック)には梶川喬介、小瀧尚弘と日本代表キャップを持つ経験豊富なメンバーが並んだ。

BK(バックス)には共同主将のSH(スクラムハーフ)小川高廣、SO(スタンドオフ)には、SHとしてもプレーできるニュージーランド出身の新加入のジャック・ストラトンの2人がハーフ団を組む。

CTB(センター)には国内外で実績のあるティム・ベイトマン、元オールブラックスで7年目のリチャード・カフイ。

バックスリーは早稲田大学出身の新人のWTB(ウィング)桑山聖生と松岡久善、FB(フルバック)豊島翔平と、ベテランとフレッシュなメンバーのバランスが取れた構成となった。控えの元7人制日本代表WTBジョネ・ナイカブラの決定力にも期待したい。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ