人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月9日

明治大学、連覇を懸け新国立競技場で早稲田大学と決戦。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

写真:前半にトライを決めた山崎

関西学院大学を22-14で下した明治大学。大学選手権準決勝では強豪・東海大学との対戦が行われた。

試合のテーマに掲げられたのは『タフチョイス』。思わぬ苦戦を強いられた関西学院大との試合を踏まえ「ハードワークをしてチームとして相手を上回ること」(田中澄憲監督)に焦点を当てた。

開始からゲームは動く。明大は前半、自陣でのオフサイドで相手にPG(ペナルティーゴール)を許してしまう。これを相手SO(スタンドオフ)丸山凜太朗が決め、0-3と先制された。

しかしその直後、敵陣でSO山沢京平(政経3=深谷)がランで相手ディフェンスのギャップを突く。その後オフロードから左CTB(センター)射場大輔(政経4=常翔学園)、左WTB(ウィング)山崎洋之(法4=筑紫)へとつながりグラウンディング。

「サポートとパススキルの部分で日ごろの練習の成果が出た」(山崎)。直後のコンバージョンを山沢が冷静に沈め7-3と逆転に成功した。

続く明大のトライは31分、FW(フォワード)陣が連続でフェーズを重ね、敵陣深くまで進む。

最後はゴール前のラックから拾い上げたSH(スクラムハーフ)飯沼蓮(営2=日川)がトライを決めた。前半はこのトライもあり、17-3とリードして折り返す。

その後射場のトライがあり、24-10で迎えた後半20分、東海大のアタックを前に後手に回ると、左LO(ロック)片倉康瑛(法3=明大中野)がハイタックルで痛恨のシンビン。10分間の退場を余儀なくされてしまう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ