人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月9日

菊谷崇のラグビートップリーグ2020順位予想

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

元ラグビー日本代表がトップリーグ2020の1位から5位を予想!

今回は、2011年ワールドカップ(W杯)で日本代表キャプテンを務めた菊谷崇さんが登場。

菊谷崇

御所工(現御所実)-大阪体育大と進み、卒業後はトヨタ自動車、キヤノンで活躍。イングランドの名門サラセンズでもプレーした。2019年W杯では公式アンバサダーを務めた。

今シーズンのトップリーグは1月12日(日)に開幕。5月9日まで、参加16チームによる総当たり戦(全120試合)を行い、優勝を決定する。

日本協会リソースコーチでもある菊谷氏の予想は? 順位予想(ベスト5)と注目選手を挙げてもらった。

1位予想 神戸製鋼コベルコスティーラーズ(昨季1位)

昨シーズンはトップリーグ元年以来15年ぶりの優勝を果たしました。今シーズンでは、昨年の優勝がたまたまではなかったことを証明すると思います。システムがしっかり落とし込まれています。

スクラムハーフ(SH)の日和佐篤が良い仕事をしていますね。トライを獲るためのサポートランなど、細かい部分まで考え込まれている。

またW杯日本大会に出場したニュージーランド(NZ)代表のブロディー・レタリックが新加入して、セットプレーはさらに安定するはず。

ロックのレギュラー争いはハイレベル。昨シーズンに凄いワークレート(仕事量)を叩き出していたトム・フランクリン(NZ出身)がいて、日本代表候補のグラント・ハッティングもいる。チームとして、伸びしろがありますよね。

また、選手の入れ替わりも少なく、リクルートに成功している印象があります。チームにはこれまでの停滞期を乗り越えていく方向性が、しっかりと見えているのではないでしょうか。

J SPORTS 番組情報

2位予想 パナソニック ワイルドナイツ(昨季6位)

日本代表の田中史朗がキヤノンへ移籍したりしていますが、まだまだ人材は揃っています。元オーストラリア(豪州)代表監督のロビー・ディーンズHC(ヘッドコーチ)は就任7年目。継続して強化しています。

世代交代にも成功している印象があります。12月に行われたNTTコミュニケーションズとの練習試合では、東福岡高から飛び級で入った二十歳の福井翔大がスタメンでした。若い選手の勢いもあり、良い成績を残すのではないでしょうか。

HO堀江翔太、PR稲垣啓太ら、6人いる日本代表組の疲れもあるとは思います。ただパナソニックはもともとファンが多く、そこへW杯効果でさらにファンが増えています。ファンの方々のパワーも力になると思います。

3位予想 サントリーサンゴリアス(昨季2位)

2010から12年度にサントリーを指揮したエディーさん(現イングランド代表HC)が残した「アタッキングラグビー」が薄れつつあるなか、W杯でジョージア代表を率いたミルトン・ヘイグさんが新しいヘッドコーチになり、フレッシュになると思っています。

そのエディーさんも、今シーズンからサポートスタッフとして戻ってきました。

スクラムハーフの流大は日本代表でリーダーシップを発揮しました。彼がその経験をチームにどう活かしていけるか、注目しています。

もともと良い選手がいますが、今シーズンは豪州代表からセンター(CTB)のサム・ケレビが入りました。スタンドオフ(SO)には元豪州代表のマット・ギタウもいます。若手とベテランが融合したチームです。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ