人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月15日

京都産業大学、大西監督最後の同志社大学戦で勝利。関西王者への望みつなぐ。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

写真:選手達を見つめる大西健監督

11月10日に行われた関西学生ラグビーAリーグ第5節で、京都産業大学は同志社大学に勝利し、大学選手権出場を決めた。

今シーズン限りで退任する大西監督にとって最後の同志社戦。大西監督は1973年、当時関西リーグ3部だった弱小・京都産業大学ラグビー部の監督に就任。

「いつか同志社と互角に戦えるようなチームを作ろう」という目標を立て、チームを関西屈指の強豪チームに育て上げた。

「昔からずっと、同志社を意識してやってきた。ライバルというよりは、一番リスペクトしているチーム」(大西監督)。

チームとしても関西制覇、大学選手権出場に向けて、全勝の同志社大との試合は非常に重要なものだった。「負けたら全てが終わり」という言葉を、多くの選手が口にした。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    関東大学対抗戦、関東大学リーグ、関西大学リーグ戦 注目試合を放送! J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

「恥ずかしい試合」「ひたむきさがない」と監督が激怒した前週の摂南大戦。

1週間をかけて、前に出続けるディフェンス、ひたむきな京産ラグビーを取り戻すために練習をしてきた。Aチームだけでなく、部員全員が100%の力で練習を積んできた。

舞台は神戸ユニバー記念球技場。スタンドには同志社大の応援団やチアがスタンバイ。一方京産大もOBらで結成されたバスツアーを利用して、遠くから沢山のファンが駆け付けた。

同志社大はアップ開始早々に8対8でスクラムを組むなど、京産大の強みであるスクラムで優位に立とうと準備を重ねる。

試合は14時キックオフ。スタンドオフの家村健太(流経大柏・1)がボールを蹴り上げると、いきなりキャプテンの伊藤鐘平(札幌山の手・4)が突進し、相手に向かって飛びかかった。

「ハイプレッシャー。とにかく相手にプレッシャーをかける。今日はそれが大事だと思いました」(伊藤キャプテン)。その後も京産大のディフェンスは前に出続け敵陣でプレーする。

一方で序盤のスクラムは、安定しなかった。「最初はレフリーとも相手ともかみ合ってなくて。向こうが組む時にすごく近くて、止まらなかった。それだけヒットに意識があったんだと思います」。

「それで1発目は取られてしまったけど、相手に合わせることはないと、いつも通り真っ直ぐ組もうって声を掛け合いました」

すると同志社大は自陣スクラムで反則を繰り返すようになる。前半10分と21分に城川斗武(常翔学園・3)がPG(ペナルティゴール)を成功させ、6-0と立ち上がりでリードを奪うことに成功した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ