人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月8日

昨季2位の立命館大学、崖っぷちの天理大学戦。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

後半戦初戦は悔しくも相手の初勝利を許す結果となった。2019ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第4節。立命館大学は大阪体育大学と対戦。

前半戦を1勝2敗と思うような結果を残せなかった立命館にとっては負けられない1戦だが、この日も試合の立ち上がりに苦戦した。前半7分、先制を許すと試合の主導権は完全に大体大へ。

さらに2トライを追加され、反撃に出たい立命館だったが、相手のディフェンスを突破しきれず、あと一歩という攻めきれない場面が続く厳しい試合展開となった。0-19と失点が大きく響く形で試合を折り返す結果に。

何としても後半巻き返しを図りたい立命館。まずは得点したい。が、またしても大体大に追加点を許す。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    関東大学対抗戦、関東大学リーグ、関西大学リーグ戦 注目試合を放送! J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

しかし、10分、CTB(センター)原口智也(情理4・佐野日大)が左隅へトライ。初得点を決めた立命館はここで一気に反撃を開始する。

26分、NO8(ナンバーエイト)宮下大輝(営2・報徳学園)がキックパスを受け取ると、そのまま中央へトライ。

続けて28分、WTB(ウィング)藤井健太郎(済2・伏見工業)へのキックパスを通し再びトライを返す。SO(スタンドオフ)吉本匠(スポ4・常翔学園)のゴールも決まった。

怒涛のトライラッシュで勢いが出てきた立命館は、さらにスクラムで見せた。35分、安定したスクラムを組み、最後はHO(フッカー)島田久満(済3・東海大仰星)が決める。

ここで22-24と2点差まで迫り、流れをつかんだ立命。大逆転が見えてきた。果敢に追加点を狙いにいくが、守り切りたい大体大の堅守がそれを許さない。

そして39分、立命館は終了間際にトライを奪われ試合終了。22-31と前戦に続き、悔しい結果に終わった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ