人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月2日

オールブラックスが意地の3位。勇猛ウェールズも健闘。ラグビーW杯「3位決定戦」レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

英雄たちのラストマッチは、プライドのぶつかり合いになった。

ラグビーワールドカップ(W杯)の3位決定戦が11月1日(金)、東京スタジアムで行われ、「オールブラックス」ことニュージーランド代表が、「レッドドラゴン」の愛称を持つウェールズ代表と激突した。

W杯3連覇を狙ったオールブラックスは、準決勝でイングランドに7-19で完敗した。

今大会で代表を引退するNO8(ナンバーエイト)キアラン・リード主将は「いろいろな感情は週の初めに出し切って、今日はプレーに集中した」。必勝態勢で代表ラストマッチに臨んだ。

ニュージーランドはNO8リード主将のほか、指揮官のスティーブ・ハンセンHC(ヘッドコーチ)、先発するソニー・ビル・ウィリアムズ、ライアン・クロッティ、ベン・スミスといった英雄たちが代表引退となる。是が非でも勝利で最後を飾りたい状況だったろう。

一方のウェールズもチームを4度の欧州王者に導いた名将、ウォーレン・ガットランドHCの代表最終戦。レッドドラゴンを再興させた立役者のラストを、1953年以来66年ぶりのニュージーランド撃破という、最高の花道で送り出したかった。

ただウェールズは日程面で不利。ニュージーランドの中5日に対し、ウェールズは準決勝から中4日。先発9人を変更して臨んだが、立ち上がりで苦戦した。

ニュージーランドはキックよりもランを重視。チームは「ボールを保持して走るメンタリティー」(SOモウンガ)により波状攻撃を仕掛け、前半5分にオフロードパスを繋げ、最後はPRジョー・ムーディーが先制トライ。

前半13分にはFBバレットが薄くなった内側の相手ディフェンスを切り裂き、難なく2トライ目を挙げた。

しかしラグビーを国技とするウェールズは簡単には諦めない。

0-14点で迎えた前半16分。

14回の攻撃を重ね、左隅から突破して1トライを返した。スコアラーとなったFBエイモスが「ガット(ガットランドHC)が言っていたことの一つが『我々のアイデンティティーは諦めないこと』だ」と言う通り、諦めないメンタリティーを示した。

スクラムでも優勢になったウェールズだが、ニュージーランドはWTBスミスが代表引退試合を飾る連続トライ(33分、41分)。2本目のトリアはSHアーロン・スミスからのロングパスを受けて右隅を突破。「ダブル・スミス」の連係で獲り切った。

前半を28-10とリードして折り返したニュージーランドは、後半2分、代表引退のCTBウィリアムズが十八番のオフロードパス。

これに反応していたCTBクロッティがそのままインゴールへ飛び込み、リードを25点差(10-35)に広げた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ