人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月1日

覇権奪還を目指す帝京大学、勝負の後半戦に臨む。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

写真:青山学院戦でMOMの奥村

ラグビー関東大学対抗戦、前半の3試合を全て勝利で飾り、後半戦へ弾みをつけた帝京大大学。その先にある大学選手権優勝という目標に向け最高のスタートを切った。

◆関東大学対抗戦 順位(第3節終了時点)
1位 明治大学 3勝0敗
1位 早稲田大 3勝0敗
1位 帝京大学 3勝0敗
4位 慶應義塾 2勝1敗
5位 筑波大学 1勝2敗
6位 日本体育 0勝3敗
6位 青山学院 0勝3敗
6位 成蹊大学 0勝3敗

ラグビーワールドカップによる中断前、最後の試合となった神奈川県・大和スポーツセンターで行われた青山学院大学戦では、昨年141-7と快勝した相手に、どのようなゲームをするのか注目が集まった。

青山学院大ボールでキックオフし試合が開始。序盤、青山学院大ディフェンスが次々とタックルに入り、なかなか前進できずにいた帝京大。

その間に青山学院大にボールを奪われ、帝京大のディフェンスラインのギャップをつき、前半4分にいきなりトライを奪われた。

だが、ゲーム序盤にトライを許すも動じることなく、このトライをきっかけにより締まったゲーム展開になった。

10分に青山学院大のペナルティからキックで前進し、最後はHO(フッカー)李承赫(3年=大阪朝鮮)がトライ。

FB(フルバック)奥村翔(3年=伏見工)のゴールも決まり、すぐさま同点に追いつくとともに弾みをつけた。

前半を35-7で折り返し、迎えた後半では4分にペナルティからすぐさまプレーを再開し、最後はWTB(ウイング)平坂海人(3年=日向)がトライ。

23分には脚の止まった相手FW(フォワード)をスクラムで猛プッシュし、そのままスクラムトライをあげ、80-7で快勝。MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)には、奥村が選出された。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ