人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月1日

【俺達のONE TEAM】明治大学ラグビー部を影で支える学生コーチ・井元優吾

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

ラグビーワールドカップでは、「ONE TEAM」のスローガンを掲げた日本代表の活躍が興奮と感動を巻き起こした。

ワールドカップ決勝戦の翌日から再開される大学ラグビーでも、各大学が「ONE TEAM」で優勝を目指す。そんな各校から「ONE TEAM」を支える選手、スタッフを紹介していく。

「真価を問われる代になる」。武井日向主将(商4=国学院栃木)は春季シーズン終了後のインタビューでこう語った。

22年ぶりの日本一をつかみ取った明治大学。再び頂点へ向けて歩みを進めているのは選手だけではない。

学生コーチの井元優吾(営4=大分舞鶴)もその1人だ。もともと選手として入部した彼がなぜ学生コーチの道に進んだのか、そしてチームの一員として彼が今年に懸ける思いについて話を聞いた。

楕円球に出会ったのは小学4年生の頃。ラガーマンだった父の勧めがきっかけだった。転勤族だった井元家は埼玉から大阪へと移り住む。そして、縁があって大分の古豪・大分舞鶴高に推薦で入学した。

「父の地元の大分でやりたいという思いが強くて舞鶴を選びました。結構、伸び伸びした環境でやらせてもらいましたが、勉強ができないと部活にも支障が出るような高校だったので、勉強を第一にやれとは常に言われていました」。

高校の同級生は快速WTB(ウイング)として活躍する矢野湧大、早稲田の副将・FL(フランカー)幸重天ら粒ぞろい。そうした激しい環境でもまれ、成長してきた。

強く印象に残っている試合がある。高校2年時の花園。ノーシードの大分舞鶴高はAシードの国学院栃木高と初戦で相まみえた。結果は31-19で勝利。

花園Aシード校をノーシード校が初戦で撃破したのは実に26大会ぶりの快挙。歴史的なジャイアントキリングに立ち会った。

「自分はベンチで出てなかったんですけど、その時はみんなも勝てると思っていなかったと思います」。

「その試合に向けてすごく準備していて、試合の映像をトレーナールームでみんなで見ていて、コーチ陣の方も分析をしっかりしてくれて、みんなが1つのベクトルに向けて動けた結果だったのかなと思います」。

充実した高校生活を過ごした井元は、指定校推薦で明治の門をたたく。「小4・5年生の時に見に行った早明戦で戦っている選手たちの姿が頭に残っていました」。

「大学を決める時に指定校の枠があって、家族に相談した時に『経験ができるならチャレンジしてみたら』と言われました」。井元はHO(フッカー)として大学ラグビーという大海原へと挑んだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ