人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月25日

心理戦でヒートアップ!超弩級ビッグマッチ「イングランド vs. ニュージーランド」ラグビーワールドカップ日本大会・準決勝プレビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
イングランド vs. ニュージーランド

このカードが見たかった。そう感じているファンは少なくないのではないか。

北半球のラグビーの母国と、南半球のラグビー王国。最高の対決がラグビー・ワールドカップ(W杯)の準決勝で実現した。

10月26日(土)、神奈川・横浜国際総合競技場で、W杯2連覇を狙うニュージーランド(NZ、世界ランキング1位)と、イングランド(同2位)が相まみえる。

イングランドを率いるエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は、前回大会で日本代表を率いたのち、初の外国人監督(オーストラリア出身)としてイングランドの指揮官に就任。

2016、17年にシックスネーションズ(欧州6カ国対抗戦)を連覇するなど、前回大会で開催国初のプール戦敗退を喫したラグビー発祥国をV字復活させた。

そんなジョーンズHCが事あるごとに強敵として言及してきたのが、W杯2連覇王者のニュージーランド代表“オールブラックス”だった。

プール戦の組み分けが決まった2017年5月には、NZを最大の敵とした上で「勝利するチャンスを出すことは100%できる」と断言していた。

しかし通算対戦成績はNZが33勝1分7敗。イングランドの直近の勝利は2012年。聖地トゥイッケナムを舞台に38-21で勝っており、この勝利を先発10番で味わったオーウェン・ファレル主将、13番マヌ・トゥイランギら8人は現代表に参加している。

大舞台で6年ぶりのNZ撃破はなるか。W杯優勝と打倒NZを公言し、チームの燃料にしてきたジョーンズHCだが、大一番を前にして、メディアを介した心理戦を仕掛けた。

「こちらにプレッシャーはない。誰もわれわれが勝つとは思っていない。日本の1億2千万の国民が、日本代表の次に好きなのがオールブラックスだ。だからわれわれにはプレッシャーがない」

プレッシャーと戦っているのはオールブラックスの方だ――そんなメッセージを記者から伝えられたNZのスティーブ・ハンセンHCは、こう応じた。

「われわれは常にプレッシャーの中にいる。かつてはプレッシャーから逃れようとして、プレッシャーが追い掛けてきたけれども、最近はプレッシャーとともにあるという認識でいる」

オールブラックス流のプレッシャー論を展開した上で、やり返した。

「彼(ジョーンズHC)はプレッシャーについて皆がわれわれに話すように仕向け、そうすることで自分のチームからプレッシャーを取り除こうとしている」

「彼が取り組まなくてはならないことは、彼ら自身に掛かっているプレッシャーをどうするかだ。彼らには4年前の大会の記憶(プール戦敗退)がよみがえってくるはずだ。だから彼ら自身もとてつもないプレッシャーの中にいるはずだ」

エディー・ジョーンズ

場外で舌戦も展開され、いよいよボルテージは高まってきた。

王者として迎え撃つNZは、先発メンバー発表でサプライズがあった。

準々決勝アイルランド戦から先発は15人中1人が変更になった。その1人とは、本職がロックであるFL(フランカー)スコット・バレット。前の試合ではFLサム・ケインに代わり、後半から投入されていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ