人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月14日

2019年10月13日、日本代表が横浜に刻んだ歴史的瞬間。ラグビーワールドカップ、日本 vs. スコットランド レポート

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビー日本代表がついに新しい歴史の扉を開いた。

10月13日(日)、神奈川・横浜国際総合競技場でラグビーワールドカップのプールステージ最後の試合となる、プールAの日本(世界ランキング8位)vs.スコットランド(同9位)の一戦が行われた。

日本は3連勝で勝ち点14、スコットランドはアイルランドに敗れたものの、その後は2連勝でボーナスポイントも取って勝ち点10。

前日にアイルランドがサモアに勝利し、勝ち点を16として決勝トーナメント進出を決めため、ベスト8の残り1枠を賭けての激突となった。

「今日は私たちにとって単なるゲーム以上のものだった」とキャプテンのFL(フランカー)リーチ マイケルが試合後に語ったように、前日に日本列島に襲いかかった台風19号の影響で、試合開催は当日の朝に決まった。

また、この台風で多くの方が被害に遭われたこともあり、「自分たちがしっかり勝って勝利を届けることが最大にできること」(松島幸太朗)と、チーム全員が強い気持ちで臨んだ。

日本ラグビーの歴史的瞬間を見届けようと、6万7666人が詰めかけた横浜国際総合競技場で、台風被害の犠牲者に捧げる黙祷、そして国歌斉唱の後、試合は日本のSO(スタンドオフ)田村優のキックオフで開始された。

日本は最初から積極的に仕掛けていくが、先に点を取ったのはスコットランドだった。

前半6分、ペナルティ絡みで敵陣深い位置へ攻め込んだスコットランドはSOフィン・ラッセルのキックパスから崩し、そのラッセルのトライで先制すると、SH(スクラムハーフ)グレイグ・レイドロウがキックを決め、7-0とする。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ