人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月10日

アルゼンチンがアメリカに完勝。2勝2敗で大会を終える。ラグビーW杯日本大会「アルゼンチン×アメリカ」

ラグビーレポート by 真鍋 雅彦
  • Line

アルゼンチン×アメリカ  国歌斉唱するアルゼンチンの選手ら(10月9日撮影)


すでに予選敗退が決まっているものの最後の一戦で前回ベスト4の意地を見せたいアルゼンチンと、残り2試合(アルゼンチン戦とトンガ戦)に今大会初勝利を懸けるイングランドとの一戦が、青空が広がる秋晴れの熊谷ラグビー場で開催された。
実力的にはアルゼンチンが有利だが、両チームのモチベーション次第では接戦も。そんな予想もされた試合だったが、序盤からアルゼンチンが攻勢に出る。 初スコアは前半18分。自陣10m付近のラックからパスを受けたSOニクラス・サンチェスがディフェンスを引きつけてCTBフアン クルス・マリアにパス。裏に抜け出したマリアがサンチェスに戻し、そのままサンチェスが飛び込んでトライ。ゴールも成功して7-0とした。
先制点をとるまでに少し時間が掛かったが、得点が入ったことで緊張がほぐれたのか、アルゼンチンの動きがさらに良くなり、前半24分には、サンチェスの裏キックをFBホアキン・トゥクレが押さえて(ゴール成功)7点を追加。さらに前半34分、再びトゥクレが今度は個人技で相手をかわしてゴールに飛び込み(ゴール失敗)、19-0とリードを広げた。 しかしその後、アメリカも反撃を開始。フェーズを重ねたあと、SOのAJ・マギンティが右タッチ際に転がしたボールをキャプテンのWTBブレイン・スカリーが押さえて5点を返し、アルゼンチンの19-5で前半が終了した。
  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ