人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月6日

ベスト8進出一番乗りはイングランド。14人のアルゼンチンを破る。ラグビーワールドカップ2019 イングランド vs. アルゼンチン

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ベスト8進出をかけて連日熱戦が続くラグビーワールドカップ。10月5日(土)は、プールCで首位のイングランド代表と、前回大会ベスト4のアルゼンチン代表東京スタジアムで激突した。

イングランドは初戦でトンガ代表に35-3、続くアメリカ代表には45-7と快勝し、いずれも4トライ以上のボーナスポイントを獲得。勝ち点10で首位に立ち、この試合に勝てばベスト8が決まる可能性があった。

エディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)はアメリカ戦から9人の先発を変更し、ケガから復帰したPR(プロップ)マコ・ヴニポラ、万能BK(バックス)のジャック・ノウェルがベンチに入った。

SH(スクラムハーフ)ベン・ヤングズはこの試合で92キャップとなり、2003年にイングランドが優勝した時の立役者、SO(スタンドオフ)ジョニー・ウィルキンソンを超え、イングランド史上3位となる。同じくリザーブのPRダン・コールも出場すれば同じく92キャップとなる。

一方のアルゼンチンは、初戦はフランス代表21-23で惜敗。2戦目のトンガ戦では28-12で勝ち、現在勝ち点6で、ベスト8進出するためには、これ以上負けられない状だった。

マリオ・レデズマHCは、トンガ戦から1名の変更のみにとどめた、ハットトリックを決めたHO(フッカー)フリアン・モントーヤは引き続き先発。「イングランドはつまらないラグビーだ」と発言して物議を醸したベテランのアグスティン・クレービーはリザーブスタートとなった。

また、2015年大会の得点王SOニコラス・サンチェスはメンバー外となった。この起用に地元メディアから疑問の声も上がったが、指揮官は「私は勝つためのメンバーを選んだ」と語気を強めた。

夏のような暑さが残る中、17時にキックオフされた試合は、何としても勝利したいアルゼンチンが果敢に攻撃を仕掛ける。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ