人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月5日

イタリア、痛恨のレッドカードで南アフリカに大敗。ラグビーワールドカップ2019 南アフリカ vs. イタリア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

9月20日(金)に開幕したラグビーワールドカップは、決勝トーナメント進出に向けた熾烈な戦いか激しさを増している。

10月4日(金)は、静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアムでプールBの南アフリカ代表イタリア代表の一戦が行われた。

南アフリカ代表は初戦でニュージーランド代表に13-23で敗れたものの、ナミビア代表戦には57-3と8トライで快勝した。

イタリアには2016年に一度黒星を喫した相手だが、決勝トーナメント進出にはしっかりと勝たなければいけない相手だった。

一方、イタリア代表は初戦でナミビア代表を47-22、2戦目でカナダ代表を48-7と格下相手にボーナスポイントも獲得して勝ち点10とし、初のベスト8を狙っている。

互いに負けられないプールBの大一番は、フィジカルバトルが予想されたため、両チームともにリザーブには6人のFW(フォワード)を入れて臨んだ。

連日蒸し暑さが取りざたされている今大会だが、夜ということもあり幾分涼しい中でキックオフされた。4万4148人が集まった試合は「スプリングボクス」こと、南アフリカ代表が最初から積極的に仕掛けていく。

イタリアの悪い予兆は最初からあったのかもしれない。開始早々いきなり右PR(プロップ)シモーネ・フェラーリがハムストリングを痛めてしまい、マルコ・リチョーニを投入する。

前半5分、南アフリカがラインアウトからボールを展開し、最後は右サイドラインを走り抜けたWTB(ウィング)チェスリン・コルビが2人をかわして、自身ワールドカップ初となる先制トライ。SO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラードのゴールも決まって7-0と先制する。

気合十分のイタリアも8分、SOトンマーゾ・アランのPG(ペナルティゴール)で3点を返し3-7として、勢いに乗りたいところだった。

しかし、11分、今度はイタリアがハイタックルの反則で南アフリカにペナルティを与えてしまう。PGをSOポラードが決めて南アフリカ代表が10-3とする。

イタリアも何度か敵陣ゴール近くまで攻め込むものの、南アフリカにうまくキックを使われエリアを挽回され、トライラインを越えることができない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ