人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月27日

神戸での初戦はイングランドがアメリカに快勝。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

日本代表の勝利から始まった、ラグビーワールドカップは早くも7日目を迎え、9月26日(木)は、神戸市御崎公園球技場で、プールCのイングランド代表(世界ランキング3位)とアメリカ代表(13位)が激突した。

エディ・ジョーンズ前日本代表HC(ヘッドコーチ)が指揮を執る、イングランドは、22日(日)に札幌で行われたトンガ代表との初戦から、中3日での第2戦目という日程のため、10人の先発メンバーを入れ替えた。

ゲームキャプテンをSO(スタンドオフ)ジョージ・フォードが務め、フィジーにルーツを持つ新星WTB(ウィング)ジョー・ゾカナシンガ、セブンズ・リオ五輪英国代表で、15人制代表ではまだ1キャップのWTBルーリー・マコノキーらがワールドカップの初舞台となった。

一方、この試合が今大会初戦となるアメリカは、元神戸製鋼HC南アフリカ出身のギャリー・ゴールドHCが率いてから強化がさらに進んでいる。

キャプテンのFB(フルバック)ブレイン・スカリー、セール・シャークスでプレーする司令塔のSOのAJ・マギンティ、サラセンズのPR(プロップ)ティティ・ラモシテルら、イングランド・プレミアシップでプレーする選手。

また、セブンズ代表も兼ねるWTBマーティン・イオセフォ、NFL経験のあるCTB(センター)ポール・ラサイク、HO(フッカー)ジョー・タウフェテエといった経験値とパワーのある布陣で挑んだ。

過去、イングランドはアメリカに負けたことはないが、中3日という日程で戦うイングランドに、アメリカがどこまで迫れるかが注目された。

神戸でのワールドカップ初戦となるこの試合には、2万7194人の観客が見守る中キックオフされた。

序盤から格上のイングランドが押し気味に試合を進める。アメリカは前半3分に19歳の新鋭PR(プロップ)デヴィッド・アイヌーがいきなり負傷交代を余儀なくされる不運に見舞われる。

5分、イングランドは中央でのラインアウトからキックでエリアを取り、キャッチした相手にプレッシャーをかけてボールを奪い返し、フェーズを重ねる。

最後はSOフォードが相手2人のギャップをついて、回り込んで中央にトライ。SOフォードは自身でゴールも決めて7-0とイングランドが先制する。

イングランドはさらに敵陣でプレッシャーをかけ続けるが、アメリカはキャプテン、FBスカリーのタックルなどのディフェンスで、イングランドになかなか追加点を与えなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ