人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月23日

立命館大学、ワールドカップ中断期間で立て直せるか。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

写真:関学大のディフェンスを振り切るWTB木田晴斗

大学選手権への道のりが険しくなった。2019ムロオ関西大学ラグビーAリーグ第3節。立命館大学は関西学院大学と対戦。

この1戦が終わると、ワールドカップの開催により、約1ヶ月リーグ戦の期間が空く。そのため立命館は、何としてでも前半戦をいい形で締めくくりたい。

ここまでの2戦は両試合とも、前半に苦しめられた。この試合も同様の事態が起きてしまう。

前半8分、立命館のパスミスを逃さず関学大が主導権を握る。最後は、そのまま左中間へボールを運ばれ、この試合も先制を許してしまう。しかし、立命館はすぐさま反撃に出る。

13分、相手ディフェンスの隙を狙い、SH(スクラムハーフ)平尾剛士(スポ2・東福岡)がチャージ。

CTB(センター)片岡涼亮(営4・流経大柏)へつなぎ、最後はWTB(ウィング)木田晴斗(情理2・関西大倉)が左隅へ押し込みトライを決める。

このまま立命ペースでいきたい所だったが、初得点以降、関学大の厚いディフェンスに阻まれ、中々突破口が開けない。対して関学大のオフェンス陣は、猪突猛進のタックルで立命守備陣を苦しめた。

23分、ゴール5m右ラインアウトから、ラックで右中間に押し込まれ9点差にされると、その後も立命館のペナルティから関学大がスクラムを選択。

最後はまたしてもラックから失点。立命館は40分にCTB片岡が自陣から右隅ライン際へロングフィード。

WTB藤井健太郎(済2・伏見工業)がボールをキャッチ、持ち味の快速で敵陣をかわし中央へトライを決める。12-21とビハインドで前半を折り返す結果になった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ