人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月22日

「死のプールC」、フランスが天敵・アルゼンチンに辛勝。ラグビーワールドカップ2019 フランス vs. アルゼンチン

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line
「死のプールC」、フランスが天敵・アルゼンチンに辛勝。ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップ大会2日目の9月21日(土)、前日に開幕戦が行われた東京スタジアムで、フランス代表vs.アルゼンチン代表のプールCの初戦が行われた。

「死のプール」と言われるプールCで、決勝トーナメントに進むためにも、互いに負けられない気迫のこもった激闘だった。

「レ・ブルー」こと、フランス代表はこの試合に先発したSO(スタンドオフ)ロマン・ヌタマックが、フランス代表として、史上初めて親子二代にわたってワールドカップでプレーした選手となった(父エミールは1995、1999年のワールドカップに出場)。

一方の前回大会ベスト4の「ロス・プーマス」こと、アルゼンチン代表は、サッカー界の英雄ディエゴ・マラドーナから、「そのジャージーに魂を込めろ。勝ちに行け!」と熱い手紙を送られ決戦に臨んだ。

2007年ワールドカップ開幕戦で、アルゼンチンがフランスを下して以来、何かとライバル関係が取りざたされてきた両チームの試合は、4万4004人の観客が集った。

試合は序盤、開幕戦の固さからか互いにミスもあり、またディフェンスのぶつかり合いで、互いになかなか点を取ることができなかった。試合が動いたのは前半14分、SOニコラス・サンチェスがPG(ペナルティゴール)を決め、アルゼンチンが3-0と先制する。

しかし、ここから勢いに乗ったのはフランスだった。17分、フランスはWTB(ウイング)ダミン・プノーの突破から、CTB(センター)ヴィリミ・ヴァカタワから、CTBガエル・フィクーへとつないで左隅にトライ。SOヌタマックのゴールも決まり、7-3と逆転する。

さらにフランスは21分、再びWTBプノーからサポートに入っていたSH(スクラムハーフ)アントワーヌ・デュポンが右隅にトライ。難しい角度のコンバージョンもSOヌタマックが見事に決めて、フランスは14-3とリードを広げる。

29分にもSOヌタマックのPGでフランスが3点を追加し17-3と突き放す。結局、アルゼンチンは追加点を奪えず、逆にフランス代表が前半終了間際にSOヌタマックがPGで3点をさらに追加し、20-3と大量リードで前半を折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ