人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月21日

開催国の重圧乗り越えた!ジャパンが大事な大会1勝目。ラグビーW杯日本大会「日本×ロシア」レビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ラグビー日本代表“ブレイブ・ブロッサムズ”が、アジア初開催のラグビー・ワールドカップ(W杯)の幕開けを飾った。 第9回ラグビーW杯日本大会が9月20日に開幕し、プールAで世界ランキング10位の日本代表(9大会連続9回目)が、同ランク20位のロシア代表(2大会ぶり2回目)を30-10で破った。

J SPORTS 番組情報

日本・FLリーチ主将(左)

「満員のスタジアムで、ホームゲームをするのは最高のこと。歓声を送ってくれて助けになりました」(日本・FLリーチ主将)

開会式を楽しんだ4万5745人の大観衆の前で、WTB松島幸太朗がW杯日本代表初のハットトリックを達成。日本のテストマッチ最年長出場記録を持つトンプソンルークも、途中出場からW杯4大会出場を果たした。

最終スコアでは20点差と突き放した。ただ、みずから仕掛けるキックゲームでスタミナ不足を露呈するロシアに対し、日本はハンドリングエラーが重なり、多くの好機を活かせず。開催国の重圧があったという。

J SPORTS オンデマンド番組

WTB松島

「みんながガチガチに緊張していた」(SH流大)

「緊張して死ぬかと思った。10日間くらいずっと眠れなくて。勝たないといけないし、ボーナスポイントもあるし、いろいろなことがのしかかってきて早く終わってほしかった」(SO田村優)

試合をコントロールするハーフ団(スクラムハーフとスタンドオフ)が、大舞台のプレッシャーに苦しんでいた。

予期せぬスタートもあっただろう。

大観衆のカウントダウンで始まった大会開幕戦で、記念すべき日本のファーストプレーはノックオン。ジャンパーだったFLリーチマイケル主将らが取りこぼしたキックオフボールが、背後のNO8姫野和樹に直撃した格好だった。

姫野和樹(中央)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ