人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月18日

躍動する明治大学。日本体育大学に圧勝し、前半を最高の形で締めくくる。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

写真:スクラムから持ち出し、タテ突破を図る坂和樹(政経4=明大中野八王子)

筑波大学戦、成蹊大学戦と白星を挙げた明治大学。対抗戦の3戦目は日本体育大学との対戦となった。

昨年度、勝利を挙げたものの、後半に苦戦を強いられた相手だ。しかし、今回の試合では序盤から積極的なアタックを続けトライを連取。『Focus on Detail』を掲げた一戦で終始、明治のラグビーを貫き、103-0と快勝した。

J SPORTS 番組情報

  • 大学ラグビー

    関東大学対抗戦、関東大学リーグ、関西大学リーグ戦 注目試合を放送! J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

試合開始早々から、攻守のメリハリがついたライン展開で勝利を呼び込んだ。「うまくスペースにボールを運べた」(HO/フッカー武井日向主将・商4=国学院栃木)。

前半7分、BK(バックス)陣のテンポの速いライン展開で、相手を一気に崩す。ディフェンスのスキをついたSH(スクラムハーフ)飯沼蓮(営2=日川)からパスを受けた、武井がインゴール右隅に先制トライ。

これを皮切りに、チームが躍動し始める。その後、4トライを加え、33-0で迎えた前半40分、整ったディフェンスで相手に圧力をかけ、相手のミスを誘発。

するとすかさず、ターンオーバー成功。SO(スタンドオフ)山沢京平(政経3=深谷)が瞬時にライン攻撃を展開すると、パスを受けた左WTB(ウイング)山崎洋之(法4=筑紫)が大幅にゲイン。最後にパスを受けた飯沼が中央にトライを決めた。

前半を54-0で折り返したのち、後半も終始、明治のペースで試合は動く。「80分間集中力を切らさずにシャットアウトできた」(武井)。FW(フォワード)とBK共に力の差を見せつけ、完封勝利を収めた。

8月、菅平の夏合宿にて行われた慶應義塾大学との練習試合で敗戦を喫した明治。強豪・筑波大学との開幕戦を前に仕上がりに不安を残したかに思われた。

しかし「慶應戦の後にミーティングを重ねることができた」(FB/フルバック雲山弘貴・政経2=報徳学園)。

チームは夏合宿という好環境を生かして、「点を取られた後にどう対処するか」「自分たちが流れに乗れないときにどうするか」といったテーマにフォーカスを当て、徹底的に話し合いを行った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ