人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月13日

同志社大学、大逆転勝ちで壮絶な点の取り合いを制す。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 同志社スポーツアトム編集局
  • Line

写真:堀部のサヨナラトライ

近畿大学との大激闘を制し、大きな2勝目を手にした。「最後のトライはリスクなどを考え、手応えを感じている4年生のFW陣に託すという形になった」(萩井監督)。

後半残り10分、点差をひっくり返し大逆転勝利、チームの雰囲気も良好なまま、第3節へ進む。

開幕戦で昨季2位の立命館大学を下した近畿大学。FW(フォワード)とBK(バックス)が一体となり、攻撃を仕掛けてくるのが特徴。

対してFW陣が中心となったプレーが今年の同志社。前節からディフェンス面での課題が明確であり、苦戦を強いられることは分かっていた。

規律のとれたディフェンスを80分間続ける事が今節のポイント。前半、ボールポゼッションは近大が上回っていたが、セットプレーから得点の起点を作り出した。

前半15分、敵陣5m付近の同志社スクラムから出たボールをNO8(ナンバーエイト)服部(スポ4)、田村が縦に抜け出し最後はCTB(センター)谷川(スポ2)が先制のトライ(7-0)。

近大のキックオフで再開されるも、徐々にラインブレイクを許し、ゴール前まで攻め込まれた。ハンドリングエラーを多発し、スクラムからサイドに抜け出され被トライ(7-7)。

続けて同33分、自陣22m付近でのラインアウトが不成功、ボールを奪われると近大15番のグラバーキックをディフェンス裏に通されてしまい、そのままトライを献上。今季初相手にリードを許す(7-14)。

その後も近大の展開力にタックルが噛み合わず苦しい時間が続いた中、ブレイクダウンでしつこくボールに絡みつき、ノットリリースザボールを誘う。

敵陣22m付近でマイボールラインアウトからバックス陣が左サイドに展開。その後、ラックからFW戦に持ち込み、フェーズを重ねラストはFL(フランカー)弓削(社4)がトライを決め、14-14の同点で後半へ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ