人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月13日

139得点の明治大学、次戦は後半戦の試金石となる日本体育大学戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

筑波大学との開幕戦を制した明治大学は、本拠地・八幡山グラウンドで成蹊大学を迎え撃った。

長野・菅平で行われた筑波大学との開幕戦は、59-33で快勝。強力BK(バックス)陣に苦戦したものの、難敵相手に白星スタートを飾った。

対抗戦2戦目は成蹊大学と対戦。昨年の対戦では110-0と3ケタ得点と完封を成し遂げた相手だけに、「結果に加えてゲーム内容にもこだわろうという話をして臨んだ」(HO/フッカー武井日向主将・商4=国学院栃木)。

開始早々、敵陣10m付近でのマイボールラインアウトから、右WTB(ウイング)山﨑洋之(法4=筑紫)が抜け出すと、右PR(プロップ)山本耕生(商2=桐蔭学園)が先制トライ。

「走れるようになり、前に出られるようになってきた」(山本耕)。自身初めて対抗戦で1番に起用された山本耕が結果を出し、MOM(マンオブザマッチ)を獲得した。

前半7分、相手ボールをターンオーバーすると、素早くパスを回し、大外で待ち構えていた山﨑へ。すぐに追加点を奪う。

着実に得点を重ねていったものの、キックオフボールの処理に苦戦した。FW(フォワード)陣の連携が合わず、ノックオンを連発。それでも「試合中に課題を見つけ、レベルアップできた」(武井)。

前半中盤に修正に成功すると、流れは一気に明治に傾いた。前半終了までに8連続ノーホイッスルトライ。中でも、FB(フルバック)雲山弘貴(政経2=報徳学園)は3トライを記録した。

この試合、SH(スクラムハーフ)に起用された竹ノ内駿太(政経2=長崎南山)のリズムの良いパス回しで相手にスキを与えず、前半だけで87得点。息もつかせぬ怒涛(どとう)のアタックで一気に試合を決めた。

後半に入っても勢いは衰えなかった。2分に左LO(ロック)片倉康瑛(法3=明大中野)のトライで追加点を奪うと、雲山のトライで得点は3ケタに。終わってみれば、前後半合計21トライを奪い、今季最多の139得点を記録した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ