人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月17日

オールブラックスを体感する映像詩。ドキュメンタリー ~The REAL~【ラグビー ニュージーランド代表】オールブラックスのルーツを求めて

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
オールブラックス

なぜオールブラックスは強いのだろう。
なぜ人口450万人の島国が、ラグビーの世界ランキングで10年間にわたり1位なのだろう。
あなたはその理由を説明できるだろうか。
この番組はニュージーランドの美しい大自然と共に、オールブラックスの神秘的な強さを解き明かしてくれる。
60分間の映像詩のあとに残るものは、王国のラグビー文化や、その頂点たるオールブラックスへの憧れ、畏敬の念だ。 あなたは静かな感動を覚えながら、なるほど強いはずだと頷いてしまうに違いない。

ジェイ・スポーツで放送中の「ドキュメンタリー ~The REAL~【ラグビー ニュージーランド代表】オールブラックスのルーツを求めて」は、上質なラグビー・ドキュメンタリー番組だ。

出演者は多彩。カフェや食料品店の店員、ホテルの経営者から、リッチー・マコウの元担任まで。すなわちラグビーを愛するニュージーランド国民たちが、豊かなラグビー文化の語り部として登場する。

もちろん英雄たちの顔もある。

まずは元オールブラックス主将のショーン・フィッツパトリックだ。

番組冒頭でフィッツパトリックが訪れている場所は、ベルギーの墓地。墓石には1905年の遠征メンバーで主将を務めたギャラハーの名が刻まれている。

「他のオールブラックス主将に会うことが私の生きがいで、彼に会いに来ました」

コートの襟を立てた代表92キャップの名フッカーが言う。

ニュージーランドにあるラグビー博物館のディレクター、ステファン・バーグが登場する。『オリジナルズ』と呼ばれた1905年の遠征メンバーの偉大さを、端的に説明する。

「1905年のオールブラックスは素晴らしい活躍を見せ、大成功を収めました。35試合中33試合を英国で行い、976得点を挙げ失点はわずか59点。35戦で34勝を記録し負けたのは1度だけでした」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ